プロフィール

 

水雲こより
水雲こより

どうも、こよりです

 

どうも、ブログ主の水雲こよりです。

平日は会社員、休日は引きこもりをしているオタクです。

年間で約720冊の漫画やライトノベルを読んでいます。

ゲームも好きです。

 

このページでは、わたしという人間を知って頂くために、色々とお話していきます。

長くなりますが、最後までお付き合い頂けますと幸いです。

 

漫画を読むきっかけ

今でこそこんなにたくさん読んでいる私ですが、子どもの頃から漫画が好きだったわけではありません。

 

では、なぜ漫画を読み始めたのかと言いますと、父親に「本を読め」と言われたからです。

でも、本には興味がほとんどなかった私は、全然乗り気ではありませんでした。

正直、めんどくさかったんです。

 

そんな調子で読まないでいたら、今度は「漫画でいいから読め」と言われました。

その言葉がきっかけで、漫画を読み始めました。

 

最初はやっぱり気乗りしなかったんですけど、読んでいくうちに面白いと感じるようになりました。

でも、たくさん読むってほどでもなく、どちらかと言えばゲームに夢中でした。

 

それが大学生の頃から少しずつハマり始め、社会人になってからはがっつり読むようになりました。

読書好きになった

漫画のおかげで私は活字の本に興味を持ち、学校の休憩時間などに読書をするようになりました。

 

あんなに本に興味がなかったのに、漫画のおかげで読書が好きになったんです。

そのおかげで、文章力が身についたり、ちょっとした語彙力が強化されたりしました。

 

そして、色々な本を読んでいくうちに、文章を書くことへも抵抗がなくなりました。

物語を読むだけでなくて、自分で書いてみたいと思うようになったんです。

高校生の頃は、夢中で自作小説を書いていました。

人間関係を築くのが苦手

私は人付き合いが苦手です。

中学・高校へと進学していくにつれて、より苦手意識が強くなっていった気がします。

 

というのも、中学生になったときに「小学生のとき仲が良かった友人が離れていった」という出来事があったんです。

 

結構ショックでしたし、傷つきました。

 

なので、自分の中にトラウマっぽく残ってしまい、より人間関係を築くのが苦手になったんです。

怖くなった、と言い換えられるかもしれません。

 

以来、人に避けられているのでは感じるようになりました。

 

別に、いじめられていたってわけでもないんですけどね。

ただ、ひたすら孤独を感じていました。

中学生のときは仲の良い友人がいたのでまだマシでしたが、高校はそうでもなく特に強く孤独だと感じていました。

 

輪の中に上手く入れなくて、1人で本を読んでいる。

そんな感じで、中学・高校時代を過ごしました。

 

でも、漫画やゲームに出会ったおかげで、漫画やゲームが好きな友人ができたんです。

中学時代の友人がまさにそれで。

 

その友人がいなかったら、高校と同じように孤独を感じていたと思います。

 

漫画って、人生の役に立つんです。

少なくとも、私の人生の中では大活躍です。

 

漫画を含めてたくさんの物語を読んできたので、ある程度物語を予想するというスキルが身につきました。

 

以前はゲームばかりだったんですけど、最近では通勤時間や休憩時間に漫画を読むことが増えています。

 

読む媒体は電子書籍がメインです。

大学生時代は紙で買っていたのですが、引越しする際に売らざるを得なかったのが悲しかったので、電子書籍に切り替えたんです。

(社会人になって、初めて電子書籍を買いました)

漫画に出会えていなかったら

もし漫画に出会えていなかったら、確実に読書には興味がわかなかったと思います。

 

勉強にも苦手意識が強くて、本を読むのも嫌な人間になっていたかもしれません。

文章力も、語彙力も今よりなかったでしょう。

 

 

水雲こより
水雲こより

そう思うと、ちょっとぞっとします

 

それに、色んな面白い物語を見逃していたでしょうね。

映像(アニメ・ドラマ)やゲームでも物語には触れられますが、漫画にしかない物語やライトノベルしかない物語もありますから。

 

感想を友人と語ることもなかったでしょうから、より孤独を感じて生きていたでしょう。

 

きっと、こうしてブログを書くこともなかったと思います。

チャレンジしようとしても、文章を書くのが苦痛で挫折していたかと。

 

ブログを書かないということは、中学・高校のようにずっとひとりぼっちだと思って生きていたかもしれません。

 

今は漫画の感想記事を発信することで、インターネットを通じて同じように漫画が好きだという人と仲良くなれるんじゃないかと思っています。

それに、そういう人たちと交流ができると思うとわくわくします。

だから、ひとりぼっちなんて思いません。

これも漫画のおかげですね(2重の意味で)。

居場所になりたい

もしあなたが中学・高校の私と同じように、1人だったり孤独を感じているなら、きっと私はあなたが好きになります。

だって、1人が辛いって気持ち、よくわかりますから。

 

そして、自分のことも好きになって、自分ことを認められるようになるかもしれません。

 

これから私は、自分の心を大切にしていきたいです。

 

好きなものに触れる時間、楽しいと思う気持ち……そういうものを大事にして、お仕事にしていきたいと思っています。

 

今、私はブログ記事のアイキャッチを自分で描いています。

なので、自分のイラストの描き方も伝えていけたらいいなと思います。

つまり、イラスト教室のようなものがしたいと考えています。

私の絵はズボラな人向きなので、「面倒なのは嫌だけど絵を描いてみたい」という人に教えていけたらいいなと思います。

 

イラスト教室や漫画のことで交流することで、昔の私のように孤独を感じている人の居場所になれたらいいなと思います。

ありのままの自分で

わたしは、「ありのままのわたしでいい」という言葉で、人生の価値感が変わりました。

これは、ネットビジネスのサポートをして下さる方の言葉です。

 

わたしは、今の自分というのは何もかもダメで、成長しなければ何の意味もないと思っていました。

 

でも、そうではなかった。

「ありのままのわたしでいい」という言葉を聞いて、そこに気付いたんです。

 

漫画に出会うと、今の世界が全てではないと気付けます。

だって、漫画には色んな世界が広がっています。

 

魔法のある世界、ゲームのような世界、獣人やエルフなどが存在する世界。

 

あなたの居場所だって同じ。

今、孤独を感じている場所が全てではありません。

あなたが目を向ければ、色んな場所があります。

 

だから、漫画を通して、ぜひ視野を広げてみて下さい。

今までと違う「世界」が広がっているかもしれませんよ。

おわりに

わたしの人生は、あらゆる物語に支えて貰いました。

 

漫画、本、ゲーム……などなど。

媒体を変えつつも、物語への興味だけは尽きることはありませんでした。

 

物語に触れない人生なんて、全く想像がつきません。

もし物語がなかったら、つまらない人生を送っていた気がします。

 

漫画もその中の1つ。

もはや、今のわたしにはなくてはならないものです。

 

これからもたくさん読んで、物語に支えて貰おうと思います。

 

水雲こより
水雲こより

最後までご覧頂き、ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました