【若干ネタバレ有】『蜘蛛ですが、なにか?』の感想とおすすめポイント

漫画レビュー

 

水雲こより
水雲こより

どうも、こよりです

 

今回は、『蜘蛛ですが、なにか?』(漫画:かかし朝浩 / 原作:馬場翁 / キャラクター原案:輝竜司)という漫画について語っていきます。

 

友人が面白い!と言っていたので。

 

とは言え、最初は読むつもりはありませんでした。

理由は主人公が蜘蛛だから。

 

わたし、蜘蛛が大の苦手なんです……。

視界にいれるのもはばかられるレベル。

あのシルエットと動きを思い出すだけでもぞっとします。

 

ただ、それだけにだんだんと内容が気になってきてしまって。

 

だって蜘蛛が主人公ですよ?

物語がどう展開するのか想像つかないじゃないですか。

 

ということで、

 

水雲こより
水雲こより

まあ、ダメだったら読むのやめればいっか……

くらいの気持ちで手を出しました。

結論、手を出して正解でした。

 

最初は超弱いのに、生き抜いて強くなるところが面白いです!

 

2021/4/22現在、10巻まで出ています。

 

この記事でわかることは? 『蜘蛛ですが、なにか?』の内容

 この漫画を読んだ感想

 この漫画がおすすめな人

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんな内容?

ざっくり説明すると、蜘蛛に転生した女子高生が、超ハードモードの中生きるために頑張るお話です。

 

物語の始まりは、主人公はどういう状況かわからず目が覚めるところから。

声も出ず、体も動きません。

 

覚えているのは、古文の授業を受けていたら突然激痛に襲われたことだけ。

 

「とにかく脱出しないと」と思い、自分を覆っている謎の物質(微妙に弾力はあるが硬い)を壊して脱出を図ります。

 

そして、視界の先に広がっていたのは、人間と同じくらいの大きさをした蜘蛛の軍団。

 

「キショい」とドン引きする主人公でしたが、自分の足と思しき部位も蜘蛛。

そう、主人公は蜘蛛に転生していたのでした。

 

※ちなみに、主人公の名前は明確には出てきません。

 たぶん蜘蛛での名前は蜘蛛子だと思います。

感想

めっちゃ面白いです!

蜘蛛が苦手だからって避けてしまうのはもったいない。

 

蜘蛛と言っても、主人公の蜘蛛はリアルな感じじゃないんですよね。

むしろデフォルメされていて可愛らしいくらい。

 

漫画の蜘蛛子が出来上がるまでの苦悩が5巻の最後に4コマとして描かれています。

実はこの4コマ、すごくお気に入り。

ビリっと紙を破くところが好きです。

 

表情が豊かっていうのも、苦手でない理由かも。

中身が人間だからか、喜怒哀楽がとってもはっきりしてます。

 

あとは、やっぱり人間の言葉で思考しているというのが大きいでしょうか。

モンスターが不気味に感じるのって、何考えているのかわからないからですよね。

得体がしれないと言いますか。

その点蜘蛛子は主人公ですし、考えていることも読者には筒抜けなので安心?です。

 

蜘蛛子自身も結構面白いです。

ひとりだからか、テンション高めですし。

周りに人がいないとついテンション高めになっちゃうの、よくわかります。

おすすめポイント

蜘蛛子のメンタルが強すぎ

主人公である蜘蛛子はめっちゃメンタルが強いです。

 

女子高生とは信じられないレベル。

だって、普通急に蜘蛛に転生して、生きるために必死になれます?

わたし、蜘蛛になったら軽く絶望しますよ。

生きようとすらしないかも。

 

でも、蜘蛛子は一味違います。

 

駄々をこねるようにゴロゴロしつつ、

ないわ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

転生にしたって蜘蛛とかないわ~~~~~~~~~~~~~

です。

 

しかも、自分の状況が詳しくわからないなか、蜘蛛子はとにかく必死で生きます。

 

吐いてしまうほどまっずいご飯を食べたり。

そもそもご飯を狩らないといけなかったり。

そのご飯(モンスター)はみーんな自分より強い。

 

すんごい詰みゲー。

 

この中で生き抜く!!って思えるって。

…‥いやもう、女子高生にしてはメンタル強すぎるよね?

社会人でメンタルよわよわのわたしから見るとすごすぎる。

少しずつ強くなっていく蜘蛛子

蜘蛛子は最初、ものすんごい弱いです。

蜘蛛糸に引っかかっている獲物相手に死にかけるくらい。

 

でも、人間としての頭脳や、蜘蛛として持っている武器を工夫してフル活用します。

さらに、スキルを駆使してステータスの差を埋めていくのです。

 

この下剋上感がとても面白い。

格下が格上に勝つのって、テンションあがります。

 

しかも、蜘蛛子がレベルアップすると敵もどんどんレベルアップするんです。

困難立ちはだかりまくり。

え、これ勝てる……?って思うところ、いっぱいあります。

 

ええ、いっぱい。

もはやいじめかな?って思います。

 

でも、逆境の中だからこそ、蜘蛛子はどんどん強くなっていくのです。

これが平和な場所だったら、こうはならなかったんだろうなあ。

おすすめできる?できない?

おすすめな方

 異世界転生ものが好き

 バトル多めの漫画が好き

 RPGのような世界観が好き

おすすめできない方

 人間が主人公のストーリーが読みたい

 ファンタジーものはあまり好きじゃない

無料で試し読みできるところ

ヤングエースUP
「蜘蛛ですが、なにか?」|ヤングエースUP - 無料で漫画が読めるWebコミックサイト
「蜘蛛ですが、なにか?」は、ヤングエースUPで配信中の無料コミックです。女子高生が異世界で蜘蛛に転生!? 最弱キャラで挑む迷宮サバイバル!
コミックシーモア
蜘蛛ですが、なにか?(1) |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア
蜘蛛ですが、なにか? 1巻|女子高生だった私が目覚めると…何故か異世界で「蜘蛛」に転生していた! 種族底辺の蜘蛛として迷い込んだ先は毒ガエル・大蛇・果ては龍も跋扈する最悪ダンジョン!?メンタル最強女子が生き抜く迷宮生存戦略!!

おわりに

最後におすすめポイントをまとめておきます。

 蜘蛛子のメンタル強すぎてやばい。

 少しずつ強くなる蜘蛛子から目が離せない!

 

ここまで人間が出てこない漫画も珍しいかも、と思います。

主人公の本名がわからないという(笑)

 

とある巻でそれっぽい名前が出てはくるんですけど。

それが正解かわかりませんし。

 

実はこの漫画、ところどころで有名漫画やアニメのパロディが出てきます。

割とたくさん出てくるので、気になったら探してみて下さい。

(探さなくても、読んでいれば出てきますが(笑))

 

というわけで、『蜘蛛ですが、なにか?』はすごくオススメです!

 

おまけ:アイキャッチのイラストメイキング動画

びっくりした顔の蜘蛛子。

人間以外はあんまり描かないのですが、人間以外を描くのも楽しいものですね。

 

ポーズは1巻#4の1コマを、色は1巻の表紙を参考に描きました。

 

表紙のポーズをそのまま描こうかなとも思ったのですが、それじゃちょっと面白くないかなと。

せめてモノクロのコマに色をつけたいなと。

 

びっくりした表紙を選んだのは、口に手が添えられているのが可愛かったからです(笑)

 

 

今回はこの辺で。

 

水雲こより
水雲こより

ではまたー

 

この記事の作品が好きな方にオススメ

【若干ネタバレ有】『神達に拾われた男』の感想とおすすめポイント
水雲こより どうも、こよりです 今回は、『神達に拾われた男』(漫画:蘭々/原作:Roy/キャラクター原案:りりんら)という漫画について語っていきます。 友人におすすめされて読みました。 そ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました