【若干ネタバレ有】『乙ゲーにトリップした俺♂』の感想と好きなところ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

もっふる
もっふる

どうも、もっふるです!

今回は、『乙ゲーにトリップした俺♂』(著者:花乃 軍)という漫画について語っていきます。

 

3巻で完結していて、元はpixsivコミックというサイトで掲載されている作品です。

 

主人公(♂)が、うっかり?乙女ゲームの世界へトリップしてしまいます。

果たして主人公は元に世界に戻れるのか……?

(シリアスぽくなりましたが、大半がギャグです(笑))

 

 

 

どんな内容?

一言で説明すると、「乙女ゲームの世界へトリップしてしまった主人公(♂)が、元の世界へ帰る為に頑張って攻略キャラクターたちの好感度を上げようとする」物語です。

 

乙谷おとや 乙成おとなりは、間違えて乙女ゲームの広告をクリックしてしまい、

その世界へ飛ばされてしまいます。

しかも、ただ飛ばされるだけじゃなく、めちゃくちゃ女の子扱いされます。

乙女ゲームの世界ですから(笑)

 

しかしそれは実は演技で、「乙女ゲームキャラクター」としてのプロ意識から、

男である乙成にもイベントを仕掛けに行っていたのでした。

 

異世界トリップに憧れていたとは言え、

全く望むものではなかった乙成は元の世界へ帰ることを望みます。

 

攻略サポートアイテムに変貌したスマホから話しかけてくるサポートキャラにアドバイスを貰い、

大団円エンド(全員と仲良くなって元の世界へ帰るエンド)を目指すことにするのでした。

感想

終始主人公を応援してしまう作品でした。

仲良くなるだけでも、割と最初から前途多難な感じですから。

(女の子と仲良くしたい男性×乙女ゲームキャラですからね。誰も幸せになれない空気です)

 

3巻完結で短めなので、ちょっとすっきりしない終わり方ではありました。

面白かっただけに、もっと色々読んでみたかったです。

 

ちなみに、作中に出てくる乙女ゲームは『シロガネクルワ』という名前なのですが、

普通にプレイしてみたくなりました(笑)

乙女ゲームは結構好きなので。

好きなところ

まず、「乙女ゲームのキャラが自分のいる世界はゲームだと自覚していて、乙女ゲームのイベントを演じている」という設定が面白いですね。

 

しかも、キャラクターによってプロ意識には差があるので、そこも面白いです。

割と適当なキャラや、一生懸命頑張って乙女ゲームのキャラクターをやっているキャラもいます。

(漫画に出てくるのは乙成への対応なので、ちょっと特殊なのかなと思いますが)

 

私は翅月しづくというキャラが好きです。

乙成がトリップした世界には異形がいて人間を襲っているのですが、

その中でも特殊な人形の異形です。

異形なのですが、他の異形とは違うことに悩んでいて、

人間と仲良くなれず話が出来ないことを寂しく思っている子です。

 

すっごくいい子だなっていう印象があります。

ただ、ちょっと独占欲と執着心が重めです……。

 

彼は乙女ゲームキャラを素でやってのけています。

その為乙成には「乙女ゲームキャラの鑑」とまで言われています。

どんな人におすすめ?

◇おすすめな方

・乙女ゲームが好きな方

・ギャグが好きな方

◇おすすめ出来ない方

・女の子が出てくる作品を読みたい方

・ボリュームのある漫画が読みたい方

試し読み

冒頭でも紹介した通り、pixivコミックで連載されていた作品なので、

こちらで何話か読むことが出来ます。

 

pixivコミック

↓↓↓

乙ゲーにトリップした俺♂ - pixivコミック
▼続編「リロード」はコチラで公開中!! 男子大学生・乙谷乙成(おとやおとなり)は、二次元への転生を夢見るこじらせ男子。 ある日、ゲーム中に誤って広告をクリックしたら…異世界にトリップしていた!?!? 驚きつつも喜んでいたのも束の間、なんだか様子がおかしい…。 やたら乙成に優しく、まるで女の子のように扱うイメケ...

おわりに

このブログを書いていて初めて知ったのですが、どうやら続編が出るようです!!

 

もっふる
もっふる

続きあったら読みたい……

と思っていたので、歓喜です!!

めちゃくちゃ嬉しい……!

 

話数が溜まって単行本になってからになりますが(一気読みしたい派なので)、

絶対の続き読みます……!

読んで感想記事まで書きたいなあ。

 

 

私がいつも利用しているコミックシーモアでの購入はこちら

 

では、今回はこの辺で!

もっふる
もっふる

またねー

 

他の異世界トリップ系漫画が気になる方はこちら

↓↓↓

(記事準備中)

コメント

タイトルとURLをコピーしました