【シリーズ第5弾】長編ノベルゲーム『LOOP THE LOOP~藝術家の庭~』の好きなところ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

もっふる
もっふる

どうも、もっふるです!

 

今回は『LOOP THE LOOP』シリーズ5作目、『藝術家の庭』をご紹介します!

 

3作目の『錯綜の渦』、4作目の『錯綜の渦 ep.0』から続くお話です。

 

未プレイの方は是非、3作目と4作目をプレイしてからどうぞ!

↓↓↓

◇「錯綜の渦」

【シリーズ第3弾】長編ノベルゲーム『LOOP THE LOOP~錯綜の渦~』の好きなところ
はじめに もっふる どうも、もっふるです! 今回は『LOOP THE LOOP』シリーズ(以後LTLシリーズ)3作目、 『錯綜の渦』をご紹介します! 第1作目の続きのお話です。 2作目はほとん...

◇「錯綜の渦 ep.0」

【シリーズ第4弾】長編ノベルゲーム『LOOP THE LOOP~錯綜の渦 ep.0~』の好きなところ
はじめに もっふる どうも、もっふるです! 今回は『LOOP THE LOOP』シリーズの4作目、 『錯綜の渦 ep.0』をご紹介します! 3作目の裏側・未来と、4人のキャラクターの過去話がメインで...

LOOP THE LOOP(LTL)シリーズとは?

LTLシリーズとは、ホラー要素のある長編ノベルゲームです。

現在シリーズ第8弾まであります(2020/5/6)。

 

2009年にガラケー用アプリでリリースされ、既に11年くらい経っています。

ですが、現在もスマホアプリが最新作がリリースされている作品なんです。

 

本編は完全無料ですが、そうとは思えないクオリティとボリュームがあります。

また、別アプリにて、買い切りでサイドストーリーもあります。

(シリーズ1作目のサイドストーリーは無料)

 

ダウンロードはこちら

↓↓↓

LTL飽食の館~藝術家の庭

LTL飽食の館~藝術家の庭

sweet ampoule無料posted withアプリーチ

※アプリは第1弾~第5弾まで統合されています。

どんな内容?

一言で説明するならば、「死者から招かれた『庭』での『彼』との物語」です。

 

「彼」とは館でともにレミ君たちと過ごした、藝術家の狩野 朱希(かのう あき)。

そして、「庭」とは彼が最後に作り上げた作品。

 

自ら命を絶った彼から、館で共に過ごした「家族」へと届いた「庭」への招待状。

しかし、「庭」では失踪者が相次いでおり、危険な状態です。

 

危険だと分かっていても、それぞれの想いと理由を抱えながら、

「家族」たちは「庭」へと向かいます。

 

……というところから始まります。

 

1人の死から始まっているので、初っ端からどんより暗めな雰囲気です。

感想

全体的に、作品の雰囲気は明るいのに窮屈な感じでしたね。

 

選択肢を提示されて、選ばないといけないシーンが出てくるんです。

 

心理的に動揺してしまうと、待っているのは死。

(「Yes」でも「No」でも動揺しなければ死ぬことはないです)

しかし、人と相談することも出来ない状況下です。

 

何とも思わない選択肢ならば良いのですが、

質問は意味深なものもあって、キャラによっては葛藤のあるものもあります。

 

私が印象に残ったのが、「Do you like yourself ?」という質問。

訳すと、「あなたは自分自身が好きですか?」になりますね。

 

これに引っかかってしまったクレア(本名は別)というキャラがいます。

3作目で初登場の彼女には共感する面が多いです。

 

彼女は自分のことが好きではないのですが、

好きになろうと必死に努力してきた人物です。

 

そんな彼女には「自分自身が好きか?」という質問に、

「Yes」か「No」かなんてはっきり答えることは難しかったんです。

 

私も自分のことが好きではないので、すごく気持ちが想像出来てしまったんです。

 

クレアちゃんほど努力出来ていない私が共感するのも申し訳ないのですが、

自分と彼女を重ねてしまったシーンでした。

好きなところ

オープニング

1作目と3作目でもお話していますが、やはりOP曲が良いです。

 

過去作ではダークな雰囲気の曲だったのに対し、少し神聖な感じがします。

今までの曲が「闇」だとするならば、今回のは「光」ですね。

 

「庭」の雰囲気にぴったりな曲だと思います。

【公式】LOOP THE LOOP【5】藝術家の庭 OPムービー

アキの思考が見えるところ

冒頭でもお話したように、これは狩野 朱希と「家族」の物語です。

なので、彼がメインのお話なんです。

 

アキと言えば、今まではほとんど喋らず、

少し異常な奇行が目立つキャラで、正直何を考えているかわかりませんでした。

 

ですが、今回の「藝術家の庭」では嫌な感じではありますがよく喋りますし、

終盤ではその内面も垣間見えます。

 

私は、彼のことは好きにはなれませんが、

内面が見えたのは良かったなと思っています。

異常に見えるアキも、ただの人間だったんだなっていうのが分かりましたから。

どんな人におすすめ?

◇おすすめな方

・ホラー要素のあるノベルゲームを探している方

・読み応えのあるストーリーを読みたい方

おすすめ出来ない方

・グロテスクな表現が苦手な方

・ほのぼのとしたストーリーが読みたい方

おわりに

昔読んだ印象だと、めちゃくちゃグロなイメージがあったんですが、

意外とそんなことはなかったです。

 

 

もっふる
もっふる

まあ、残酷なシーンはしっかりあるのですが……

 

そして、実はレミ君が主人公のお話はここでおしまいになります。

私は結構レミ君のことが好きなので、だいぶ寂しいです。。。

 

まだサイドストーリーが残っているので、そちらをしっかり楽しもうと思います。

 

LTL飽食の館~藝術家の庭

LTL飽食の館~藝術家の庭

sweet ampoule無料posted withアプリーチ

 

では、今回はこの辺で。

もっふる
もっふる

またねー

 

LTLシリーズの記事一覧見たい方はこちら

↓↓↓

【まとめ】長編ノベルゲーム『LOOP THE LOOP』シリーズ一覧
※編集中 はじめに もっふる どうも、もっふるです! 長編ノベルゲーム、 『LOOP THE LOOP』シリーズ(以下LTLシリーズ)のまとめ記事です。 リンクからそれぞれの感想記事へ入れます。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました