【超初心者向け】お絵描きの過程をざっくりとご紹介!

 

水雲こより
水雲こより

どうも、こよりです

 

今回は、わたしがお絵描きのするときの順番についてざっくり説明していきます!

 

・似たようなイラストを描きたい

・どうやってイラストを描いていったらいいのか分からない

って思っている人の参考になればいいなって思います。

 

デジタルで、お絵描き環境はこんな感じ。

使用ソフト:CLIP STUDIO PAINT(通称クリスタ)

使用機材:液晶タブレット

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その1:描きたいイラストをイメージする

すぐに描き始めるのではなく、まずは描きたいものをイメージしましょう。

 

イメージがないと、描いていくための「指針」がないので納得のいく完成度にはなりません。

 

と言っても気負う必要はぜーんぜんないです。

好きなように空想して、要素を組み合わせていけばOK。

 

具体例として、私の「描きたい」イメージを挙げてみますね。

 

今回はキャラクターを描くことにします!

・女の子(性別)

・ツインテール(髪型)

・キャンディっぽいリボン(テーマ・装飾)

・こっちを振り向いている感じ、飴を舐めている(ポーズ)

・眠そう(表情)

・オレンジやピンクなど、カラフルでポップな感じにしたい(色・雰囲気)

 

今回はこんな感じ。

 

慣れていないといきなり頭に浮かべるのって結構難しいと思います。

なので、色んなキャラクターを模写してみて引き出しを増やすのもアリです。

 

どーしてもオリジナルが描きたいけどアイデアが浮かばない場合は、身近なものを擬人化してみると良いです。

ゼロから考えるより、イメージしやすいはず!

 

特徴をしっかり捉えて擬人化しても良いですし、観察した物からイメージ出来たキャラクターを描くのも良しです。

その2:下書きする

イメージが出来たら、下書きをしましょう。

 

ぶっつけ本番で書くのってかなり厳しいです。

正直、私には無理(笑)

 

下書きをすることで完成イメージを確認できますし、この時点では修正もしやすいです。

 

下書きを描くときは、「アタリ」をとりましょう。

「アタリ」とは絵を描くときのバランスをとる役割を果たします。

 

今回のアタリはこちら。

 

超絶ざっくりです。

わたしはいつもこんな感じ。

他の人はもっときちんと描くかも。

 

下書きはざっくりでいいですが、あまりテキトーに描き過ぎるとあとあと苦労しますので注意。

 

はい、ということで描けた下書きがこちら。

 

下書きなので線がきったないです(笑)

その3:色の下塗りをする

通常ならここで線画を描く工程が入ります。

ただ、私の描くイラストは線画がないイラストですので、下書きが出来たら早速色塗りに入っちゃいます。

 

最初にお伝えした通り、わたしはクリスタという有名なお絵描きソフトを使っております。

このソフトには投げなわ塗りという大変便利なツールがあります。

私のメイン色塗りツールです。

ほぼこれで塗ります。

 

 

水雲こより
水雲こより

(むしろこれしか使わないような……)

 

投げなわ塗りは、囲ったところを塗りつぶしてくれますので、パーツごとにレイヤーを分けてがしがし色を塗っていきます。

パーツごとにわけるのは、影を塗りやすくするためです。

 

このとき、下書きでわからなかった変なところや違和感のあるところを修正します。

 

下塗り完了した絵がこちら。

その4:影やハイライトをつける

それぞれのパーツに影・ハイライトを塗っていきます。

 

ほんのちょこっとでもいいので、影やハイライトをつけておくとイラストの印象がぐっと良くなります。

 

ここは難しいところなので大変かと思いますが、少しずつでいいので描いていきましょう。

(私も苦手なので、あんまり偉そうなこと言えないのですが……)

 

しっかり光源(光が出ているところ)がどこかイメージすると、不自然な影を描くことを避けることが出来ます。

 

影やハイライトを付け終わったら大体完成です。

 

ということで、付け終わったやつがこちら。

ついでにほっぺたの赤み?も足してます。

おわりに

最後に、背景&影をつけっちゃったら完成です!

完成したイラストがこちら。

完成までに、大体1時間半40分くらいかかりましたね。

(ざっくりなので、もうちょいかかってるかも)

 

かなり端折った部分もあるので、細かいところはわかりにくかったと思います。

でも、ざっくりと流れは掴めたのではないでしょうか?

 

ざっくりとでも理解できているのと、全然知らないのとでは全然違います。

イメージ出来た方がいざやるとなったとき、心理的なハードルが下がりますしね。

 

あと、今回は私がデジタル派なので(というかアナログじゃ描けない人なので)デジタルでご紹介しましたが、アナログでも全然OKです。

お好みの方法でお絵描きを楽しんで下さい。

 

ということで、是非あなたもお絵描きにチャレンジしてみて下さいね。

楽しいですよ、お絵描き。

 

おまけで、イラストメイキング動画載せておきます。

なぜおまけかと言うと、きっちり今説明した通りの順番では描いていないからです……。

 

(準備中)

 

今回はこの辺で。

水雲こより
水雲こより

ではまたー

コメント

タイトルとURLをコピーしました