【超初心者向け】レイヤー機能を使ってみよう!~基本編~

 

※編集中

 

水雲こより
水雲こより

どうも、こよりです

 

今回はアイビスペイントでのレイヤーの使い方ついて説明していきたいと思います!

 

そもそも初心者の方からすると、「レイヤー?なにそれ……??」って感じだと思います。

 

実際私もそうでした。

しかも、なーんか難しそうに思えてしまいますよね。

それでついつい敬遠してしまったり……(私のことです←)。

 

でも、中身がわかればそんなに難しくないです!

全ての機能を使いこなしているとは言えないですが(;´∀`)

 

この記事を読めば、レイヤーの基本的な使い方は理解出来ますよ!

 

本記事は、こんなあなたのお役に立てると思います。

 そもそもレイヤーってなに?

 アイビスペイントの基本的なレイヤーの使い方が知りたい

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レイヤーとは?

ざっくり言うと、お絵かきしやすくするための機能です。

レイヤーを分けることで、線画の清書や色塗りがしやすくなります。

 

透明な用紙(フィルムでもいいと思います)が何枚も重なっているものと考えて頂けるとわかりやすいかも。

 

線画だけのレイヤー、色塗りだけのレイヤーがあって、それらが重なって一枚のイラストが出来ています。

レイヤーの分け方は人それぞれなので、あくまでも例ですが。

 

大体のペイントソフトについています。

レイヤー画面を開く

まずは、レイヤーを開くためにキャンバスを開きましょう。

 

新規キャンバスでも既存キャンバスでもいいので、とりあえずイラストを描けるところまで進んで下さい。

 

水雲こより
水雲こより

新規キャンバスの作り方がわからない方はこちら

 

出来ましたか?

準備が出来たら、いよいよレイヤーを触っていきます!

 

画面の右下の方に何やら紙が重なっているようなアイコンがありますので、そこを選択してみて下さい。

(画像準備中)

 

そうすると、下記のように画面変わったのではないでしょうか?

(画像準備中)

 

これがレイヤーのあれこれをするための画面です。

 

レイヤーを使うための準備ができました。

レイヤーを触ってみよう!

さて、画面へ入れたところで、レイヤーを色々と触ってみましょう。

 

見ながら一緒にやって頂くと理解しやすいと思います!

 

では、基本的なところからいきましょう。

新規レイヤーを作成する

既にデフォルトで一枚レイヤーがあると思います。

そこに新しくレイヤーを作ってみましょう。

 

やり方は簡単です!

 

やり方は、左にあるマークの中から「+」を選択するだけ。

(画像準備中)

 

押してみると、レイヤーが一枚増えたのがわかりますか?

これで新規作成はOKです!

 

ね、簡単でしょ?(笑)

レイヤーを切り替える

切り替える方法は、使用したいレイヤーを直接選択するだけ。

 

では、なぜレイヤーを切り替える必要があるのかをご説明しますね!

レイヤーを切り替えると、選択したレイヤー以外を編集することが出来ません。

 

言葉での説明はちょっと難しいので、実際に画像を使って説明しますね。

分かりやすいように、レイヤーごとに色を変えています。

(画像準備中)

 

試しに、消しゴムで○色の線を消してみます。

(画像準備中)

 

○色の線は綺麗に消えていますが、○色の線が全く消えていないですよね?

 

これがレイヤーのメリットなのです!

レイヤーを上手く切り替えることで、普通に描いていくよりもイラストがお絵描きがしやすくなります。

レイヤーを結合する

では、今度は2つあるレイヤーを合体させて、1つのレイヤーにしてみましょう。

 

右端に縦になっているバーがあります。

その中の二重線を下向きの矢印が押しているようなアイコンを選択して下さい。

(画像準備中)

 

すると、レイヤーが1個減ったと思います。

これで結合完了です。

 

レイヤーが増えすぎると編集も大変なので、結合出来るレイヤーはこまめに結合した方がいいかも。

レイヤーの削除

レイヤーを削除するには、先ほど結合があったバーのゴミ箱アイコンを選択して下さい。

(画像準備中)

 

これだけで削除完了です。

結合との違いは、削除するレイヤーの線や色は全て消えてしまうところ。

 

対象レイヤーの線や色を残したいときは「結合」、対象レイヤーの線や色を消したいときは「削除」をするようにしましょう。

レイヤー使い(基礎)のコツ!

色々と説明してきましたが、具体的にどう使えばいいのかイマイチ分からないかと思います。

 

なので、最初のうちは「残したいところがあるけど、新しく書き足したい」といった状況で別レイヤーを作って切り替えるといいと思います。

使ってくるうちに、自分なり使い方が見えてくると思います。

 

ただ、レイヤーの作りすぎには注意です。

たくさん作りすぎると、どのレイヤーにどの部分を描いたか分からなくなります。

 

なので、「ある程度編集出来たな」と思ったらこまめに結合した方がいいと思います(特に線画)。

 

参考までに、わたしは部位別で分けています。

具体的には、「肌」「服」「髪」「目」「装飾」です。

装飾は、アクセサリーだったり小物だったりを描きます。

※順番はイラストによってまちまちですが、大体は下から「肌」→「服」→「目」→「髪」→「装飾」の順が多いですね。

 

あとは、色を塗るときも線画のレイヤーに直接塗るのでなく、線画とは別のレイヤーで塗くとやりやすいです。

 

また、色塗りの際は、線画のレイヤーを一番上に持ってきて下さい。

そうしないと、色塗りのせいでせっかくの線画が汚くなってしまします……。

おまけ:どのアイコンか分からなくなっても大丈夫!

慣れるまでは、どのアイコンが何を示すのか分からなくなることが多いと思います。

 

その度にGoogle先生で調べてみてもいいですが、ちょっと面倒ですよね。

そんなときは、機能を知りたいアイコンを長押ししてみましょう。

 

すると、項目名が出てくるので、簡易的に機能を知ることが出来ます。

(画像準備中)

意外と便利なので、覚えておいて損はないですよ。

(ちなみに、レイヤー機能以外のところでも使えます)

おわりに

水雲こより
水雲こより

お疲れ様でした!

 

今回お伝えしたのは、レイヤーの基本的な部分なのでもっと色々なことができます。

 

慣れていこうにも、最初が一番とっつきにくい気がします。

そんな方のお役に立てたらいいなと思います。

 

基本で物足りなくなってきたら、あれこれ調べてみるのもいいと思います。

レイヤーを使いこなせると、表現の幅が広がると思いますので!

 

今回はこの辺で。

水雲こより
水雲こより

ではまたー

コメント

タイトルとURLをコピーしました