【超初心者向け】初心者にはデジタルがオススメ!~もっふる流イラスト講座~

※編集中

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

もっふる
もっふる

どうも、もっふるです!

以前の講座で、デジタルとアナログの違いについてお話しました!

今回は、違いを踏まえた上で、

「私のオススメはデジタルだよ」っていうお話をしていきます!

もっふる
もっふる

もちろん、オススメ理由もちゃんと説明します!

初心者にはデジタルがオススメ!……だけど?

「初心者はデジタルとアナログ、どっちがいいのか?」

これには正直、正解はないと思います。

オススメはデジタル!と言いましたが、

正直なところ好きな方で描くのが一番かなあと思います。

好きな方でいいの?と思わるかもしれませんが、最初こそ楽しさ優先して欲しいんです。

楽しい方が上達が早いですし、勝手に練習しちゃいますからね。

楽しいことが第一!というのを念頭に置いた上で、

・デジタル楽しそう!

・どっちがいいかわからない

・正直どっちでもいい

って人はデジタルに挑戦してみましょう!

デジタルをオススメする理由

初心者でも見栄えのいい絵を割と簡単に描けるからです。

自分の絵のクオリティが極端に低いと、それだけでテンションだだ下がりです。

(私の場合ですが(笑))

いくら練習中と言えど、モチベーションがもちません。

そこでデジタルを活用するわけですね。

ある程度絵を描く力は必要ですが、デジタルでは見栄えを良く出来る方法がたくさんあります。

例えば色塗りの塗りつぶしを例に挙げてみます。

アナログだと、塗りつぶすにもムラなく塗る技術が必要です。

難易度低め(と思われる)色鉛筆でさえ、綺麗に塗らないと粗が目立ってしまいます。

一方、デジタルでは簡単にムラなく塗りつぶせます。

塗りつぶしツールを選択して、塗りたいところを選ぶだけ。

つまり、デジタルの方が難易度的にはハードルが下がるわけですね。

なので、私はデジタルをオススメします。

前回もお話したように、修正がしやすいのもハードルが下がるポイントですね。

デジタルでお絵描きする方法

前回はざっくりお話したところを、今回はもう少し詳細に説明します!

デジタルでお絵描きするには、下記3つのうちのいずれか1つが必須です。

・パソコン

・スマートフォン

・タブレット

基本的には持っているものをチョイスするのが一番手軽かな、と思います。

特にスマホなんかは、あとはアプリさえインストールしてしまえばOKですし。

デジタルお絵描きの組み合わせ

ざーっとお絵描きに必要なものの組み合わせを書いていきます。

のちほど詳細を説明するので、今はこんな感じのものがあるんだ~くらいに思っていて下さい。

◇パソコン

・パソコン+マウス+お絵描きソフト

・パソコン+ペンタブ(板タブ or 液タブ)+お絵描きソフト

◇スマートフォン

・スマホ+指+お絵描きアプリ

・スマホ+スマホ用のペン+お絵描きアプリ

・スマホ+ペンタブ(スマホ対応のもの)+お絵描きアプリ

◇タブレット

・タブレット+指+お絵描きアプリ

・タブレット+タブレット用のペン+お絵描きアプリ

では、1つずつ説明していきますね。

パソコン

一番オーソドックスなのではないかな、と思っています。

ペンタブでお絵描きしたい場合は、ほぼパソコンは必須です。

スマホで使用出来るペンタブもありますが、

ほんの一部だけでパソコンで使用出来るペンタブの方が圧倒的に多いです。

また、かの有名なCLIP STUDIO PAINT(通称クリスタ)もパソコンのソフトです。

ペンタブで本格的なお絵描きがしたい!という方は、パソコンが良いでしょう。

特に液タブを使用したい方はパソコンしか選択肢はないと思います。

※そもそもペンタブって何?という方は、以下の記事で説明しています。

↓↓↓

(準備中)

マウス or ペンタブ

・パソコン+マウス+お絵描きソフト

・パソコン+ペンタブ(板タブ or 液タブ)+お絵描きソフト

上記の違いはマウスでお絵描きするか、ペンタブでお絵描きするかという点のみです。

ただ、個人的にはマウスはあまりオススメはしないです。

というのも、やっぱり描きにくいのです。

ペンと違い、マウスで描く際には力が入ってしまうので、恐らく線が歪んでしまいます。

綺麗な線を引くにも、マウスを動かせる範囲のスペースを確保しなくてはいけません。

普通に使用するよりも縦横無尽に動かす必要も出てきますので、

マウスで描くのは結構大変だと思うのです(経験はある)。

安価で済ませたい方は、安いペンタブを買うかスマホを使用すると良いでしょう。

スマートフォン

どこでも手軽にお絵描き出来るのが一番の特徴だと思います。

パソコンより圧倒的に持ち運びしやすいですから。

既にお持ちの方は、お絵描き用のアプリをインストールするだけで始めることが出来ます。

お絵描きに使用するアプリに関しては、こちらの記事で紹介させて頂いています。

↓↓↓

(準備中)

指で描く or 道具で描く

・スマホ+指+お絵描きアプリ

・スマホ+スマホ用のペン+お絵描きアプリ

・スマホ+ペンタブ(スマホ対応のもの)+お絵描きアプリ

違いとしては、道具を使うか使わないかでしょうか。

一番お金がかからないのは指で描く方法ですね。

慣れるまでやりづらいかもしれませんが、

慣れればいつでもどこでもお絵描きできるようになります。

道具を使いたい場合は、スタイラスペンを使用する方がリーズナブルだと思います。

また、指同様に画面に直接描いていくので、とっつきやすいはず。

ペンを選ぶときのポイントは、筆圧検知対応しているかどうか、です。

筆圧検知とは、普通のペンのように力の入れ方を変えることで線の太さが変わる機能です。

筆圧検知に対応している=お絵描きもしやすいと思います。

お絵描きには向いていないスタイラスペンもあるので、

筆圧検知に対応しているペンを選ぶ方が無難です。

詳細については、下記記事で説明しています。

↓↓↓

(準備中)

ペンタブは、スマホで描く場合には正直あまりオススメ出来ません。

扱いに慣れる必要がありますし(マウスなどに慣れていればそんなに時間はかかりませんが)、

機能を選択するときは指やペンで直接タッチした方が早かったりします。

とは言え、お絵描きするときに手元が隠れないというメリットはあります。

手元を隠さずにお絵描きがしたい

パソコンは持っていないけどペンタブを使ってみたい

という方がスマホ対応しているペンタブを買ってみるのは良いかもしれませんね。

アプリはどれがいいの?

アプリに関しては使いやすいものを使用して頂くのが一番です。

私は「ibis paint X」というアプリを使っていますが、

ほかにも「メディバンペイント」あたりが有名ですかね。

どちらも、iOSとAndoroidの両方に対応しているはずです。

両者とも無料なので、とりあえず触ってみてしっくりきた方を使って下さい。

タブレット

タブレットに関しては正直持っていないので、知識のみでの説明となります。

 

もっふる
もっふる

欲しいとは思うんですけどね(笑)

買わない理由は、やはりお値段がネックですかね。

買うならいいものを!と思ってしまうタチなので、なかなか手が出ません。

それなら今手元にあるやつでいいや、ってなってしまうんですね、これが。

そこまでこだわりのない方は安いものを買ってみてもいいとは思うのですが、

スマホがあるならお絵描きの為にタブレットを買うのは勿体ないかなあと思います。

動画見たりゲームしたりするついでにお絵描きしやすいタブレットを買う、

という感じなら勿体なくもないかもしれません(笑)

既にタブレットを持っている方が選択肢に入れるのは大いにありです。

というか、単純にスマホよりも画面が大きいので描きやすいと思います。

お絵描き方法はスマホと似てる

・タブレット+指+お絵描きアプリ

・タブレット+タブレット用のペン+お絵描きアプリ

スマホ同様、指かペンを使用します。

画面の大きさを考えて、ペンを買った方が良いと思います。

一番使いやすいと言われているのは、iPadとApple Pencilの組み合わせだと思います。

興味を持って調べたところ、確か合わせて10万くらいはしたような(違ったらスミマセン)。

コスパの良いタブレットを紹介して下さっている方もいらっしゃるので、

興味のある方は検索してみると良いですね。

まとめ

もっふる
もっふる

お疲れ様でした!

めっちゃ長かったですね。

お絵描きに関してあまり知識のない方からすると結構辛かったと思います。

ほんっとうにお疲れ様でした。

でも、最後まで読んだ下さったあなたの中には、

漠然と「どの方法でお絵描きしようかな」と選択肢が生まれているのではないでしょうか?

小さくとも、何かしらあなたのお役に立てたのでしたら嬉しいです。

あとは自分に合いそう、

もしくは自分が一番手を出しやすい方法でデジタルお絵描きを始めてみて下さいね。

では、今回はこの辺で!

もっふる
もっふる

またねー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました