【超初心者向け】デジタルとアナログの違いを解説!~もっふる流イラスト講座~

※編集中

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

もっふる
もっふる

どうも、もっふるです!

皆さんはデジタルとアナログ、どちらでお絵描きしたいでしょうか?

すぐに答えられる人は自分の興味やスタイルがわかっている方だと思いますので、

心の赴くままお絵描きして下さい。

わからない方は、この記事でそれぞれの特徴を説明するので参考にしてみて下さい。

誤解しないで頂きたいのですが、

私はどちらかに絞って描かないとダメ!と言っているわけではないのです。

デジタルでお絵描きしつつも、アナログでお絵描きするのは全然OKです。

ではなぜどちらか?と質問したかと言いますと、

「お絵描きに慣れないうちは絞った方が良い」と思うからです。

あれもこれもと手を出すのは大変ですから。

まずは1つに絞って学んで、慣れたら次へ進む……という感じで良いと思うのです。

もっふる
もっふる

では、「アナログお絵描き」と
「デジタルお絵描き」について説明していきます!

アナログ

アナログのお絵描きは、紙にペンや鉛筆を使って描きます。

色塗りで使う画材には

・色鉛筆

・コピック

・水彩絵の具

などなど、様々なものがあります。

もっふる
もっふる

ちなみに私は昔、色鉛筆を使いまくってました!

メリット

アナログお絵描きのメリットは、何と言っても手軽さです。

裏紙でも何でも、紙と書くものさえあればすぐにお絵描き出来ます。

ノートや鉛筆・ペンなどは皆さんお持ちだと思いますので、

今からでも始めることが出来ます。

デメリット

修正が大変なところかな、と思います。

紙の上に描いていくので、

一度消せないもので描いてしまうと取り返しがつかなくなってしまうことも……。

また、色塗りも基本的にやり直しがきかないと思います。

色鉛筆も、普通の消しゴムだと消しにくいですから。

そのため、しっかり色を決めてから塗り始めないと、納得のいかない絵になってしまいます。

デジタル

デジタルのお絵描きでは、パソコンやスマートフォン、タブレット端末を使用します。

また、お絵描きするためのソフトやアプリをインストールする必要があります。

肝心のお絵描きする道具ですが、パソコンとスマホで若干異なってきます。

パソコンであれば、

・マウス

・ペンタブレット(ペンタブ)

などを使用します。

もっふる
もっふる

ただ、マウスだと綺麗に線を引くのはなかなか難しいです……

一方スマホでは、

・指

・スタイラスペン

・ペンタブレット(ペンタブ)

などです。

スタイラスペンは、スマホの画面でも使用出来るペンのこと。

百均でも売ってます。

ペンタブはスマホで使用出来るものに限られるので、パソコンよりも選択肢が狭まります。

ペンタブレット

ペンタブレットとは、デジタルでお絵描きをするための機器の1つです。

必須というわけではありませんが、格段にデジタルでのお絵描きしやすくなります。

ペンタブレットには板タブ液タブの2種類あります。

ペンタブの詳細についてはこちらの記事で説明しているので、

「そもそもペンタブって何?」という方は参考にしてみて下さいね。

↓↓↓

(準備中)

メリット

デジタルでのお絵描きでのメリットは色々ありますが、

わかりやすいのは修正がしやすいところでしょう。

間違ってやり直しをすることはもちろん、やり直しを戻したいときも簡単です。

そのため、下書きもイメージが形になるまでどんどん描くことが出来ます。

また、色塗りに関しても、とりあえずイメージの色を置いてみて、

「何かいまいちだな」と思ったらすぐに変えることができます。

デメリット

使用するソフト・アプリや、ツールに慣れるまでが少し大変です。

特に最初の方は、「紙の方が描きやすい」と思うことも多いかもしれません。

また、ツールをしっかりと揃えるには多少のお金が必要となるので、

あまり手軽とは言えないかもしれません。

まとめ

もっふる
もっふる

お疲れ様でした~!

もっふる
もっふる

今回の内容を簡単にまとめます!

アナログ

メリット:手軽に出来る

デメリット:修正が大変

デジタル

メリット:修正が簡単

デメリット:慣れるまで大変、お金がかかる

では、今回はこの辺で!

どちらにも良いところ、ネックなところはあります。

どちらか一方でなければいけない、ということもないので、好きな方で描きましょう。

ただ、初心者の方はお絵描きに慣れるまでは、

どちらかに絞った方が色々調べやすいかと思います。

では、今回はこの辺で!

もっふる
もっふる

またねー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました