【若干ネタバレ有】ブラスタ メインストーリー感想 シーズン1 第4章「空を飛ぶために生まれた鳥は」

 

水雲こより
水雲こより

どうも、こよりです

 

『ブラックスターーTheater Starlessー』(ブラスタ)のメインストーリー感想を語っていきます。

 

今回はシーズン1第4章「空を飛ぶために生まれた鳥は」

 

何回かストーリーを読んでいる人間の目線での感想です。

 

ブラックスター -Theater Starless-

ブラックスター -Theater Starless-

Donuts Co. Ltd.無料posted withアプリーチ

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ブラックスター-Theater Starless-』(ブラスタ)って?

ブラスタはスマホでプレイできるリズムゲーム。

公式では「ワルメン応援&リズムゲーム」と説明されています。

 

「Theater Starless」(通称スターレス)というショーレストランを舞台に物語が進んでいきます。

 

楽曲もよく、ストーリーも面白いです。

 

もっと詳しく知りたい場合はこちらからどうぞ

(記事準備中)

ストーリー感想

3章に引き続き、チームPがメインです。

前回がリンドウさんとメノウさんが中心でしたが、今回は真珠さんとマイカさん。

 

あと、新しいキャストとして登場した藍くんと夜光さんもほぼメインみたいな感じですね。

 

藍くんは結構好きなキャラクターです。

好きなブラスタキャラのなかでも上位に入ります。

 

初見のときは、目の色が不気味……って思ってました。

いかにもそっち方面な人な雰囲気でビビリましたし。

「いかにも」なのに、話し方が異様に明るくてびっくりで。

むしろ明るすぎて、声が耳に刺さってたくらいだったのですが。

 

好きなもんは好きです。ハイ。

普段は愛嬌があるのですが、たまに怖いところとかギャップがあって。

人懐っこいようでいて、真意が見えないんです。

 

そういうところ全部ひっくるめて好きなキャラです。

というか、真意がどうであれ、普段の人懐っこい感じは普通に可愛い。

主人公に殺気向けることはないですしね、今んとこ。

(他の人にはたまーに向いてますが……)

 

「対決」が入ってきたにしては穏やかだったなって思います。

真珠さんとマイカさんより、真珠さんと夜光さんのほうがよっぽどギスギスしてましたね。

なので、正直対決の存在感薄かったです。

半分くらい忘れてしまってました。

 

前回のチームPは何だか崩壊寸前、って感じがしてハラハラしたものですが。

4章では持ち直してました。

 

ハラハラ感ゼロ。

いや、ちょっと嘘つきました。

さすがに最初の方は心配だったかも。

 

でも後半の方は、むしろ安定すら感じましたよ。

 

前回の記事でマイカさん好き、って言った気がしますが、この章あたりから好感度爆上がりした気がします。

いえ、3章でもそこまで印象が悪いわけではなかったのですが。

やっぱり、ちょっと物言いがキツめの人ってイメージが拭えなくて。

 

でも4章で、悩んでいるところとか、チームに向き合おうとしているところを見て。

最後にEXの2話で、一気に落とされました。

 

あれはずるい。

後にも先にもあんな表情、ほぼ見ません。

スターレスのメンバーにも見せると思えないし。

 

 

水雲こより
水雲こより

あなたそんな顔できたんですネ……

って言いたくなりました。

いやほんと。

 

……言い返されるのが怖いので言いませんけど。

ええ、ヘタレです。

 

だって、マイカさんに普通のトーンで言い返されたとしても、心折れそうな予感しかしないんですもん。

本当は優しい人なのは知ってますけど、それとこれとは別です……。

 

誤解なきよう言っておきたいのですが、マイカさんの表情は本当に素敵でした。

……ただ、滅多に見なさすぎる表情だっただけで。

ストーリー楽曲

今回のストーリーの楽曲は「僕のすべてを君に捧げる」

 

曲調は爽やかですが、歌詞には葛藤が感じられます。

なので、わたしの印象としてはちょっと暗いイメージじですね。

明らかに結ばれてハッピーエンド、って感じがしないので。

 

原典は「赤ずきん」と「ジキル博士とハイド氏」です。

「赤ずきん」の方はグリム版とペロー版があって、この曲はグリム版の方っぽいです。

(どっちかストーリーで名言しているわけではので、ちょっとわかりにくい……)

 

メインのストーリーが「赤ずきん」で、そこに「ジキル博士とハイド氏」の要素が絡んでいる感じ。

「ジキル博士とハイド氏」は二重人格を題材にした小説なので、そこが狼に織り込まれています。

 

毎度思うのですが、スターレスのショーはストーリーが面白そうなので実際に見てみたいなって思います。

どんな感じか、ちょっと想像つきづらいですし。

TeamP「僕のすべてを君に捧げる」MV

おわりに

一旦、チームPが落ち着いたって感じです。

 

マイカさんも真珠さんもスッキリした様子でしたので、こちらも穏やかな心持ちで4章を読み終わりました。

 

まあ、今度は別チームがもめそう(というか、既にもめてる)なんですけどね。

4章のEX3話を読んでいるとわかります。

 

ああ、限界がきちゃったか……って感じです。

 

ブラックスター -Theater Starless-

ブラックスター -Theater Starless-

Donuts Co. Ltd.無料posted withアプリーチ

 

今回はこの辺で。

水雲こより
水雲こより

ではまたー

 

シーズン1の続き(第5章)はこちら

【若干ネタバレ有】ブラスタ メインストーリー感想 シーズン1 第5章「The singer not the song」
水雲こより どうも、こよりです 『ブラックスターーTheater Starlessー』(ブラスタ)のメインストーリー感想を語っていきます。 今回はシーズン1第5章「The singer not ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました