『殺し愛』TVアニメ化決定!放送日・放送局・声優さんは?

 

水雲こより
水雲こより

どうも、こよりです

 

先日、5巻くらいから追いかけている『殺し愛』(著者:Fe)のアニメ化が決定したとの情報を入手しました。

 

わたくし初耳だったので、大変びっくりしました。

まさに寝耳に水です。

 

ということで僭越ながら、お祝い&アニメ化への気持ち?を記事にしていこうと思います。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

放送日は?

放送日はまだ発表されていません。

発表されましたら、また更新しますね。

どこで放送?

放送局もまだ発表されていません。

発表されましたら、また更新しますね。

声優さんは?

こちらも未発表です。

後述しますが、ドラマCDの声優さんだと嬉しいなーって思います。

こちらも発表されましたら、また更新しますね。

祝・アニメ化

『殺し愛』のアニメ化、お祝いを申し上げます。

 

水雲こより
水雲こより

本当におめでとうございます!

 

月刊コミックジーン2021年1月号(2020/12/15発売)にて発表されたとのこと。

下記のサイトにてリリース本文と作者イラスト&コメントが掲載されていますので、気になる方はぜひご覧下さい。

 

『殺し愛』 がTVアニメ化! 殺し屋同士の愛と狂気を描いたサスペンス
月刊漫画雑誌『月刊コミックジーン』(毎月15日発売)にて連載中の『殺し愛』(著:Fe)のTVアニメ化が決定、著者お祝いイラスト&コメントが到着しました。

 

わたしとしては、「遂にきたか……」って感じです。

もちろん、いい意味で。

 

もう10巻まで出てますしね。

個人的には、もっと早くアニメ化すると思ってました。

 

それくらい人気がある作品だと思ってますので……。

 

『殺し愛』って結構格闘シーンある漫画ですし、アニメになったら迫力あるんだろうなーって思います。

 

ただでさえ、漫画だけでも迫力とか臨場感とかすごいのに、映像になったらもっとすごそう……。

そして人が死ぬところとか、血が出るところとかエグくなりそう。

 

いやまあ、もっと人がバンバン死ぬやつがあるのは百も承知です。

 

個人的にアニメ化で1番気になるところは、やはり声優さんですね。

キャラクターがどんな声で喋るのかって考えるとワクワクです。

 

まだ詳細な情報は発表されていないようですが、わたしとしては以前のドラマCDのキャストさんでやって欲しいなあと思っています。

 

「月刊コミックジーン2018年3月号」の付録で、ドラマCD化されたことがあるんです。

わたしは5巻のあとがきで知りました。

 

ドラマCDのキャストさんだと、

ソン・リャンハ:遊佐浩二さん

シャトーさん:小松未可子さん

シャトーさんが所属する商会の社長:津田健次郎さん

インド人:柿原徹也さん

になってます。

 

めっちゃ豪華……。

 

特にリャンハが遊佐さんというのがものすごい気になるんですよね。

脳内想像してみただけで、ピッタリ過ぎる。

 

作者さん曰く、社長とインド人は主役以上にインパクトがあったそうで。

こちらも気になるところなんですよね……。

 

シャトーさんも作者さんがアフレコ現場でにやけてしまうほど可愛かったのだとか。

どんだけ可愛いのか自分で確かめたいところ。

 

とまあ、作者さんのあとがきだけであれこれ気になってるんです。

 

ドラマCD単品ならとっくに購入しちゃっているのですが、付録なので半ば諦めざるを得なくて……。

(雑誌を買い慣れていないので、入手方法がわかっていないだけかもですが……)

 

アニメでドラマCDと同じキャストさんならぜひ拝見して、色々確かめたいなーと思っております。

おわりに

色々言いましたが、要約するとアニメ化楽しみ!になります。

 

2度目になるかもですが、アニメだと臨場感やばそうですし。

色々と期待が膨らんでしまいます!

 

まだまだこれから情報がでてくるので、楽しみに待ってようと思います。

放送時期もそうですが、キャストさんが誰になるのかワクワクです。

 

大事なことなので、最後にもう1度。

 

水雲こより
水雲こより

アニメ化、ほんっとうにおめでとうございます!!

 

今回はこの辺で。

水雲こより
水雲こより

ではまたー

 

漫画『殺し愛』もぜひ、どうぞ。

【若干ネタバレ有】『殺し愛』の感想と好きなところ
水雲こより どうも、こよりです 今回は、『殺し愛』(著者:Fe)という漫画について語っていきます。 友人に教えて貰って知った作品です。 「殺し」「愛」という、私が好きそうという設定を感覚で察知...

コメント

タイトルとURLをコピーしました