ドット絵練習帳~ティラミス編~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回のお話

もっふる
もっふる

どうも、もっふるです!

前回は

・難しくてもいつか慣れる!

・「自分なり」を大切に

といった内容でした。

 

CHAPTER2は今回で終了です!

これで『ドット絵教室』の4分の1くらい終わったことになります!

では、どうぞ!

 

ドット絵の勉強に使用している本

↓↓↓

 

今回の題材

ほろ苦さが美味しいスイーツ、ティラミスです!

 

最近食べてないので、美味しいやつが食べたいですね……(@ ̄ρ ̄@)

っと、話が逸れかけました(笑)

 

私が思うポイントは2つ。

・いかにそれっぽく見せるか

・いかに美味しそうに見えるようにするか

です。

 

前者に関してはどのドット絵にも共通しますね。

 

コンビニが題材のとき、著者の中川さんが「それっぽさが大事に」とおっしゃっていました。

その考えを元に描かれた題材だからこそ、

実在しないと思われるコンビニを描いたにも関わらずそれらしく見えたんですね。

 

◇コンビニ編

↓↓↓

ドット絵練習帳~コンビニ編~
前回のお話 もっふる どうも、もっふるです! 前回は、 ・今までの描き方から方法を変えた というお話でした! では早速、今回の内容に移りますね! どうぞ!! ドット絵の勉強に使用してい...

完成した絵

 

はい、こんな感じです。

 

個人的に右上の葉っぱのついたきのみ?の葉っぱ部分が自信作です(笑)

 

著者・中川さん曰く、ヒイラギの飾りだとか。

 

陰影が案外上手くいった気がします。

 

もっふる
もっふる

でも位置はもうちょっと左でも良かったかなって思います

今回苦戦した箇所

ティラミスって、茶色い粉がかかっていますよね?

 

ココアパウダーとかコーヒーパウダーとか(多分)。

その部分を描くのが結構大変でした。

 

いくら打ってもな~んかそれっぽくならないのです……。

 

正確に言うと、描き方的には問題なかったのですけど、色が上手く作れなかったんです。

 

微調整しても微調整しても、ちょっと明るかったり暗かったりして違和感が。

 

最終的にはデータを見て色を合わせました……。

色作りってむずい。

ドット絵に限らず、色作るのって難しくないですか?

 

私は学校の美術の時間から、割と苦戦していた記憶があります。

 

特に絵の具やアクリルガッシュ。

 

混ぜても混ぜても何だか納得がいかない。

で、混ぜすぎてしまいには真っ黒け。

なんてことが良くあった記憶があります。

 

今振り返ってみると、作りたい色のイメージが明確でなかったのが原因かな……と。

色を真似しちゃっていいの?

一口に真似と言っても、下記の2種類があるかなと。

・データ等からスポイトする

・お手本データを見てRGB値を合わせる

 

※RGB値がわからない方は、↓の記事でざっくり説明しています。

(目次で、「しかしもっふるは……?」に飛ぶとすぐ見れます)

ドット絵描いてみようかな~実践編①~
前回までのお話 どうも、もっふるです! 前回の記事では、以下のことをお話しました。 ・「EDGE」の基本的な機能紹介 ほんっとうにざっくりな内容でした(笑) 今回の記事では、実際にツールを触ったお話をします! では、どうぞ! ...

 

他のやり方でやってる!って人は、そっちでも全然OKです。

データ等からスポイトする

個人的に、これはあまりオススメできません。

 

何故かと言うと、あまり勉強にならない可能性が高いからです。

 

スポイトというのは、要するに色をコピーすること。

「EDGE」だと右クリックで出来ます。

 

何でもそうですが、何もわからない状態でただコピペするだけでは、

単なる作業になってしまいますよね。

お手本データを見てRGB値を合わせる

こっちが私のやっている方法。

 

しかし、ただ合わせるだけでは、やっぱり勉強にはなりません。

 

なので、数字を動かしていくときに、

どういう風に変化していくか?というのを見るようにしています。

 

「EDGE」はスライダーで調整できるので、変化もわかりやすいと思います。

もっふる流・色真似の手順

いつも私が、どういう順番で色を真似ているか?をご紹介します!

※我流もいいとこなので、参考までに。

 

①まずは自分で色を作ってみる

『ドット絵教室』を見ながら色を作ってみます。

 

完璧に真似しようとしないで、自分がしっくりくる色にするのがポイント。

 

ちなみに、描き方を説明している箇所に色が書いてあればそれを使います。

 

②色を使ってみる

その色で描く → 違和感があれば微調整

これを何回か繰り返します。

 

③違和感が拭えなければお手本データを見る

もっふる
もっふる

何回やっても違和感がなくならない……

もっふる
もっふる

もうムリ疲れた

ってなったら、そのときはお手本データを見てRGB値を合わせています。

 

先ほど言ったように、色の変化を意識しながら合わせることを大事にしています。

おわりに

お疲れ様でした!

 

冒頭で言いましたが、今回でCHAPTER2が終わりです。

言いかえれば□(四角)編ですね。

 

次からは、丸い題材が中心になっていきます。

中でも描くのが楽しみなのが、水晶玉です。

 

楽しみ過ぎて、ついつい先のページをめくってしまいます。

 

まあ、めくっても何も変わらないんですけどね!(笑)

 

ではでは、今回はこの辺で~。

もっふる
もっふる

またねー

 

他のドット絵記事が気になる方はこちら

↓↓↓

【まとめ】ドット絵練習記事一覧
はじめに もっふる どうも、もっふるです! ドット絵練習の記事をまとめてみました。 なぜかドット絵を描く理由から書いています。 数ヶ月前に書いた記事ですが、今となってはなぜそんなことしたかほんと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました