【雑談】漫画オタクが教える、ライトノベル(原作)を読むメリット・デメリット

 

水雲こより
水雲こより

どうも、こよりです

 

わたしはこのブログで色々な漫画の感想記事を書いています。

 

毎月の読了報告をご覧頂ければわかりますが、漫画だけでなくライトノベルも読みます。

まあ、漫画の方が圧倒的に読みますが……。

 

読むジャンルは漫画と概ね一緒で、異世界ものが多い……というか、そればっかりですね。

 

特に、読んだ漫画の原作が多い気がします。

コミックになっていないものでも、面白かったら読みますけど。

 

でも、漫画は面白くても、文章は何か抵抗ある……という場合もあるかもしれません。

 

一時期のわたしがそんな感じで、

水雲こより
水雲こより

漫画は読めるけどなあ~

ライトノベルは読むのだるいな……

と思っていた時期もありました。

 

今は、ライトノベルも月に5~10冊くらい読んでいます。

 

漫画も読んでいて、いっときライトノベルから離れていたわたしが、ライトノベルを読むメリット・デメリットをお伝えしていきます。

 

 

水雲こより
水雲こより

ライトノベルもいいですよ~

 

この記事でわかることは?

 ライトノベルを読むメリット・デメリット

 ライトノベルがおすすめな人

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライトノベルのメリット・デメリット

ライトノベルのメリット

面白い作品との出会いがある

漫画も面白いですが、ライトノベルにも面白い作品がたくさんあるんです。

中には、まだコミカライズされていないものも。

 

漫画以上に自分好みの作品との出会いもあります。

 

それに、発掘されていない作品を見つけるのが好きなら、コミカライズしそうな作品を探すのも面白いかも。

漫画より先の話が読める

コミカライズ作品の原作であれば、漫画で公開されている内容よりも先を読むことができます。

 

なので、先が気になった作品は、ライトノベルを読めば続きが読めちゃうんです。

それに、コミカライズしていても、漫画は中途半端で終わっちゃう作品もありますし。

 

わたしもお気に入りの作品で、どうしても続きが気になるのはライトノベルを買っている作品もあります。

ストーリーだけ読みたい

ときには、漫画の絵が合わないけどストーリーは好き……という作品もあると思います。

 

そういう場合は原作をストレスなく楽しめます。

 

ライトノベルも、ところどころ挿絵はついていますし。

主要キャラクターはイラスト化されていることが多いですしね。

文章力アップに(なるかも)

ライトノベルと言っても文章なので、文章の勉強になるんじゃないかと。

文章って、全く触れないのと少しでも触れるのって違うと思うんです。

 

わたしは文章を書くのに抵抗がないのは、割と昔から文章に触れてきたからだと思ってます。

 

ライトノベルは(作品によりますが)小説というジャンルの中では読みやすいと思いますので、面白いと思えればすごくいい勉強になるのではないかと。

ライトノベルのデメリット

漫画よりも価格が高いものも

作品によっては、漫画より値段が高い作品もあります。

何なら2倍くらいの値段になるものも。

例→漫画:600円/ライトノベル:1200円

 

それなら漫画でいいや……ってなるかもしれませんね。

 

ちなみにわたしは、漫画よりも読む時間がかかるので、コストパフォーマンスを考えるとそこまでデメリットは感じないです。

 

漫画より結構先まで読めますしね。

文章が苦手だと読むのがキツい

先ほどメリットで「文章の勉強になる」と書きました。

 

が、どうしても文章が苦手だと読むのは辛いかなと思います。

 

苦手なものを読んでも全然楽しくないと思うので、むしろ勉強としては不適切になるかと……。

ライトノベルがおすすめできる/できない方

おすすめできる方

 原作ありで好きな漫画の続きが読みたい

 絵は苦手だけど、ストーリーは好きな漫画がある(原作あり前提)

 文章が苦手だけど、楽しく文章力アップを目指したい

おすすめできない方

 高いなら漫画でいいかな……と思う方

 どうしても小説を受け付けない

おわりに

いかがでしたか?

 

この記事を読んで、ライトノベルにも興味が出ましたら嬉しいです。

 

このブログでも、おすすめライトノベルや漫画とどっちがおすすめか紹介していこうと思っています。

 

記事作成したらまとめ記事リンクをはりますので、興味がありましたら覗いてみて下さいね。

 

今回はこの辺で。

 

水雲こより
水雲こより

ではまたー

コメント

タイトルとURLをコピーしました