ドット絵練習帳~コンビニ編~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回のお話

もっふる
もっふる

どうも、もっふるです!

 

前回は、

・今までの描き方から方法を変えた

というお話でした!

 

では早速、今回の内容に移りますね!

どうぞ!!

 

ドット絵の勉強に使用している本はこちら

↓↓↓

 

今回の題材

今回描いたのはコンビニです。

 

とは言えどこか特定のコンビニ、というわけではなく。

「それっぽい」コンビニです。

 

見て頂いた方が早いので、早速お見せしますね。

 

 

いかがですか?

 

実在しないコンビニですが、ある程度それっぽく見えるのではないでしょうか?

少しわかったところ

お手本と描き方を見ながら毎日少しずつ描いてきたドット絵。

 

ちょっとだけわかったかもしれないことがあります。

 

それは……

・線のぼかし方(それっぽくぼかす方法)

・影をつけるところ

の2点、です!

線をぼかす

ドット絵だけに限らないと思いますが、

線をぼかして境界を曖昧にすることが良くあります。

 

以前、市松模様をご紹介しましたよね。

 

あれも境界線を曖昧にする手法です。

(簡単そうですが、実際に使うとなると難しいです……)

 

市松模様とは別に、中間色を使ってぼかしていく方法もあります。

 

どちらかと言えば、こっちの方が使うことは多いです。

 

具体的には、影(もしくはハイライト)と地色の境界をぼかすときに使用します。

他でも使用はしますが、この使い方が一番多いかな……ってイメージ。

※ハイライト → 光があたっているなかで、一番明るいところです。

 

正確には少し違うかもしれませんが、イラストだとそういう考え方で間違いないはず……。

影をつける

影、と一言で言いましたが、イラストで暗くするところには2種類あります。

 

陰影、という言葉は聞いたことありますよね。

 

文字通り、「陰」と「影」です。

 

ざっくり言うと、

陰 → 窪みや背面など、光の当たらないところに出来る

影 → 光が物体に遮られて出来る

という感じ。

私もまだまだ勉強不足なので、正しいかどうか自信はないのですが……。

 

ドット絵を描く上で、何となく影(陰)をつける位置がわかるようになってきました。

 

ただ、最初にどの辺に陰影をつければいいかっていうのがわかるくらいで、

細かいところは全然です。

 

でも、今の経験は普通のイラストを描く際も役立つと思うのです!

ドット絵の練習って役に立つ?

役に立つかどうか、は人によると思います。

 

それぞれの捉え方もありますからね。

 

あくまで私の考えでは、色塗りが苦手!って人は描いてみてもいいかもです。

 

あとは、線画まで描いて力尽きてしまうお絵描き初心者の方とか。

 

ドット絵は普通のイラストのように、

きちんと線画を描く → 色を塗るというような描き方はしないです。

 

まったく線を描かないというわけではないですが、

最終的には馴染ませるため線を消すような形になることもあります。

 

なので、色塗りだけ練習したいって人には割と合っているかもですね。

もっふる
もっふる

ドット絵で練習しても意味なくない?

と思われるかもしれませんが、意味はあると思います。

 

理由は「考え方を学べるから」です。

 

確かに、普通のイラストとドット絵はまったく別の表現です。

 

でも、「どこに陰影をつける必要があるか?」っていう考え方は、

全く同じではなくともかなり類似していると思うのです。

役に立たない=たぶんない!!

極論を言えば、全く役に立たないことなんてないのだと思います。

もっふる
もっふる

私も偉そうなことを言えた立場ではないのですが

 

人の生において、一見無駄に見えることにも、

何がしか役に立てることがあると思うのです。

 

役に立つ機会が多いか少ないかの違いだけ。

 

今は役に立たなくても、いつか立つときが来るハズなのです。

 

何が言いたいかと言いますと、

一見回り道でも近道に繋がっている可能性があるということです。

 

だから、割と好きなことをしていっていいんじゃないかな、と。

そう思うのです。

おわりに

またもや変な話題になってしまったような。

 

端的に言うと、「楽しく絵を描こう」てことですね!(暴論)

 

また、一見役に立たなさそうなときは経験や過去を活かしていくことが出来るんじゃ……?

と変な希望を持っています。

 

だって、「全く役にたたない」と思うより、

何かの役に立つかも!と思っていた方がわくわくしませんか?

 

1つのことを極めていくのも大事ですが、色々チャレンジしてみるのも良いかもしれません。

 

 

では、今回はこの辺で!

もっふる
もっふる

またねー

 

他のドット絵記事が気になる方はこちら!

↓↓↓

【まとめ】ドット絵練習記事一覧
はじめに もっふる どうも、もっふるです! ドット絵練習の記事をまとめてみました。 なぜかドット絵を描く理由から書いています。 数ヶ月前に書いた記事ですが、今となってはなぜそんなことしたかほんと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました