【ゆるっと感想】『Gorogoa』&『Donut County』のプレイ感想②

 

水雲こより
水雲こより

どうも、こよりです

 

Gorogoaゴロゴア』『DonutドーナツCountyカウンティの感想記事、パート2です。

 

感想記事と言いつつ、前回は感想ではなくきっかけ&よゐこの○○生活紹介記事になってしまいました。

 

今回こそ、感想書いていきます。

 

まずは、Gorogoaゴロゴアから。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ざっくりゲーム内容

このゲーム、絵を動かしてストーリーを進めていきます。

 

例えば、1枚の絵を分解したり、絵の空白部分に違う絵を当てはめてみたり。

ジャンルとしてはパズルゲームなんだと思います。

 

で、絵を動かして「正解」の絵にすると、絵が動いてストーリーが進むって感じです。

(動いている途中で、また絵を動かしていくっていうのもありましたが)

 

とは言え、言葉だと全然伝わらないと思うので、前回の記事からよゐこのお二人がプレイしている動画を見てみて下さい。

 

それか、「自分で触った方が早いからやってみたい!」という猛者は、スマホ or Switchでどうぞ。

 

スマホアプリ
Gorogoa

Gorogoa

Annapurna Interactiveposted withアプリーチ

 

Switch ダウンロード版
『ゴロゴア』(Gorogoa) ダウンロード版
任天堂の公式オンラインストア。「『ゴロゴア』(Gorogoa) ダウンロード版」の販売ページ。マイニンテンドーストアではNintendo Switch(スイッチ)やゲームソフト、ストア限定、オリジナルの商品を販売しています。

 

ちなみに、私はSwitchでプレイしました。

 

スマホ:540円(Andoroid版)

Switch:1,500円

 

と、Switchの方が割高なのですが、セールで半額(750円)なのを見つけてしまいまして。

 

水雲こより
水雲こより

こりゃ買うわ

と、すぐ買いました。

Switch版を選んだ理由

ずっと再プレイしてみたくて、スマホでやろうかSwitchでやろうか迷ってたんですよ。

 

どちらかと言えばSwitch版がやりたいなーって思ってたんですが、お値段的にスマホ版でやるつもりでした。

 

Switchがやりたかった理由は、やはり画面。

携帯モード?でもスマホより大きい画面ですし、何ならテレビに繋いでプレイも可能。

そう考えると、Switch版ってかなり魅力的だったんです。

 

ただ、自分の中でお値段がネックで……。

 

 

水雲こより
水雲こより

スマホで500円くらいだと考えると、1,500円はちょっと買いづらい……

 

それでずーっと迷ってたんですよね。

 

結果、セール価格で購入できたので、迷ってて良かったなーって思います。

『Gorogoaゴロゴア』のプレイ感想

ゲーム内容についての感想

絵を動かしてストーリーを進めていくのですが、これがなかなか歯応えがあります。

もっと端的に言うと、なかなか難しかったです……。

 

ある程度はすっと進むのですが、特定のポイントで詰まってしまうことがありまして。

 

その詰まったときが、本当に進まない。

あれやこれや試すのですが、どれもダメ。

 

最初こそ自力で解決しようと頑張っていたわたしでしたが、最終的にはGoogle先生に助けを求めました。

以降、わかるところは自分で進めて、詰まってちょこっと試行錯誤したあとはGoogle先生に頼っていました。

エンディング直後の感想

エンディングまでプレイした感想。

 

水雲こより
水雲こより

終わりがよくわからん……

 

面白かった。

面白かったんだけど、なんかもやっとする……。

 

プレイ終了直後の感想はそんな感じでした。

 

このゲーム、絵でストーリーが進んでいくので、文字が皆無。

文字あったのって、スタッフ紹介のところだけだったかもしれません……。

あ、あとチャプター選択。

 

そもそも、世界観自体も「なんとなくこんな感じかな?」という感じで、明確な説明はないです。

その想像の余地があるところも、このゲームの魅力かと思います。

 

ただ、私の性格として、説明が欲しかった……。

 

 

水雲こより
水雲こより

気になったことはとことん知りたいタイプなので

 

とは言え、このゲームに言葉での説明を入れちゃうのは野暮な気もします。

 

説明が欲しいけど、ゲームの雰囲気としては絵だけのままでいいという、複雑な心境です。

おわりに

全体感想のまとめとしては、「面白かったけど、ストーリーがよくわからんかったなー」になります。

 

とは言え、一気にプレイしてしまうほど夢中になりました。

かかった時間はたぶん2~3時間くらい。

 

謎が解けなすぎて、一瞬うとうとしたのは内緒です。

 

次回は、DonutドーナツCountyカウンティの感想を語っていきます。

 

今回はこの辺で。

水雲こより
水雲こより

では、またー

コメント

タイトルとURLをコピーしました