ドット絵練習帳~食パン編~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回のお話

もっふる
もっふる

どうも、もっふるです!

前回は、割とグダグダでしたね(笑)

具体的には、

・もっふるの今後の目標

でした。

何か、読み返したらほぼ目標語ってました。

もっふる
もっふる

ドット絵練習どこいったよ

って我ながら思ってしまいました。

ごめんなさい。

今回は割とちゃんとしてると思いますよ!

もっふる
もっふる

「割と」ってつくのね

では、どうぞ!

今回の題材

今回は、食パンを描きました!

何だかんだ食べ物は初めてだと思います!

描いてるときは全然気にしてませんでしたが(笑)

実は今回から練習のやり方で、大きく変えたところがあるのです。

変更点をお話する前に……

これまでどうやっていたか?というところから説明しますね。

違いがわからないと、はてながたくさんでてきてしまいますもんね。

これまでの方法は「完璧に」模写をしていたんです。

「完璧に」模写

どういうことか?と言いますと……。

『ドット絵教室』には制作過程のデータがついている、というのはお話しましたよね。

だからこそ、初めての人や苦手な人でもそっくりに真似できる、と。

私はそのデータを見て、文字通り「完璧に」模写を行っていたんです。

例えば、

・影をつけるときドットがどうなっているかマスを数える

・最初に全体を描くとき、一番端のマスを数える

などなど、要するにマス目を数えて絵を描いていたわけですね。

とは言え、ただ数えて描くだけでなく、きちんと考えながら描いていました。

今回から違う!

今回の分から、マス目を数えて模写をするのは止めたんです。

描き方は『ドット絵教室』を見ています。

色の作り方が載っていないときは真似したり色を真似したりしていますし、

わからないところはデータを見ていますけどね。

何か効果ある?

では、変えたことで得られた効果をまとめてみますね。

私の場合なので、あくまで参考程度に……。

表現の練習になる

じゃあ逆に完璧に模写している状態って、

表現の練習にならないかと言うとそうではなくてですね。

より理解が深まりやすくなる……と言うのが正しいでしょうか。

「完璧な」模写だと、下記の流れになります。

①模写絵を見る

②真似をする箇所のこれから描く、

これから場所がなぜそう描かれているか、考える。

③(マス目等を数えつつ)そっくりそのまま描く

多少違いは出ると思いますが、これで流れとしてはOKだと思います。

一方、完璧を目指さないと恐らく以下のようになります。

①模写絵を見る

②真似をする箇所のこれから描く、

これから場所がなぜそう描かれているか考える。

②までは一緒ですよね。

では、③がどうなるか?

描くには描くんですけど、

③じっくり観察して、描き方を考えながら描く。

例えば、陰影をどういう形でつけるか?

マス目通りならそっくり真似すればOKですが、

ある程度自分で描くとなるとやっぱり違いますから。

完成した作品はこちら!

↓『ドット絵教室』P.38~P.39を見つつ完成した作品です!

描き方を本で見て絵を真似ただけとは言え、なかなかの出来栄えだと思ってます!

 

最後に

見ながらでも、ある程度自分で描くとなるとい違うものです。

もちろん、バランスやそれっぽさは必要なので、

真の意味で自由ではないですけどね……。

真似するのとは違ったお絵描きの楽しさを味わえますよ。

では、今回はこの辺で!

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました