【読者さんからの質問】小さい頃から漫画が好きだった?

質問コーナー

 

水雲こより
水雲こより

どうも、こよりです

 

読者さんより質問を頂きましたので、回答します。

質問内容は「小さい頃から漫画が好きだったんですか?」です。

 

結論から言いますと、「実は現在の方が漫画好きと言える」です。

では、もう少し詳しく説明していきますね。

 

この記事の内容は? 子どもから漫画が好きだったのかについて

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

漫画を読み始めたきっかけ

実は、子どもの頃のわたしはあまり本そのものを読みませんでした。

記憶はおぼろげですが、興味がなかったんですよね。

今では自分で自分が信じられないくらい。

 

そんなわたしを見かねたのか、父に「漫画でいいから本を読め」と言われたんですよね。

「漫画でいい」というのは、とっかかりにと思ったんでしょう。

とにかく、全く興味を示さないわたしに本を読ませたかったんだと思います。

小学生低学年か、中学年でのことでした。

 

勧められたのは、尾田栄一郎先生の『ONEPIECE』。

(勧められたんだか、自分で選んだんだかはぼんやりしていますが)

当時、既に結構な巻数が出ていた気がします。

 

勧められるがまま、少しずつ読み始めました。

最初は、そこまでノリノリで読んでいなかったと思います。

でも、読み進めていくうち、魅力的なキャラクターやストーリーに惹かれて、どんどん読み進めていました。

他の漫画もちょこちょこ読むように

『ONEPIECE』をきっかけに、わたしは本という媒体に興味を持ちました。

 

図書館で以前より本を借りるようになりましたし。

特に、『シェーラ姫の冒険』という本がお気に入りだった気がします。

伝記ものをまったく読まないわたしが、なぜか織田信長の伝記だけは借りて割と夢中で読んだのも覚えています。

 

漫画の方は、父親がたくさん持っているなかから選んで読んでいました。

タイトルは色々ありましたが、特に読んだ記憶があるのは以下の3作品。

 

・『ONEPIECE』(著者:尾田栄一郎)

・『金色のガッシュベル!!』(著者:雷句誠)

・『まんがサイエンス』(著者:あさり よしとお)

 

あとは、父親が定期的に買っているジャンプを、「暇だなー」と思うときにこっそり読んでいました。

ちなみに父は、ジャンプ・サンデー・マガジンを全て買っている人でした。

たぶん、今でも買っていると思います。

今ほどは読んでいなかった

現在は色んな漫画を読み漁っているわたしですが、実はたくさん読むようになったのは最近。

 

漫画という分野は興味があるものでしたが、どちらかと言えばゲームをやっている人でした。

あと、小説を書くのが趣味でもありましたので、そちらに没頭していた気がしますね。

 

読む種類が増え始めたのは大学生になってから。

漫画好きの友人がいまして。

勧められて面白かったので色々借りたんですよね、確か。

家庭教師かてきょーヒットマンREBORN』(著者:天野明)なんかは、全巻借りて一気読みしたものです。

 

じわじわ漫画にハマってきたのか、自分でも漫画を買うようになりました。

持っていたので覚えているのは、

『神様はじめました』(著者:鈴木ジュリエッタ)を25巻(完結済み)

『ヘルズキッチン』(著者:天道グミ/西村ミツル)を1巻だけ

『月刊少女野崎くん』(著者:椿いづみ)を5巻まで

『学園アリス』(著者:樋口橘)を31巻(完結済み)

『文豪ストレイドッグス』(著者:朝霧カフカ/春河35)を5巻まで

『スキップ・ビート!』(著者:仲村佳樹)を38巻まで

『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~』(著者:仲間りょう)を3巻まで

『異国迷路のクロワーゼ』(著者:武田日向)を2巻まで

ですね。

 

特に、『学園アリス』『スキップ・ビート!』『神様はじめました』はお気に入りで、大学やバイトがない日に一気読みすることが何度もありました。

おわりに

結論としては、「一応子どもの頃から好きな方だけど、今ほどたくさんは読まなかった」です。

 

昔は、同じ漫画を何度も読み返す方だったので。

今でもお気に入りは何度も読む方ですが、全体的に読んでいる種類が段違いです。

 

そういう意味では、今の方が漫画好きだと断言できますね。

 

今回はこの辺で。

水雲こより
水雲こより

では、また

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました