【まとめ】アニメ『月刊少女野崎くん』の感想記事一覧

 

どうも、こよりです。

アニメ『月刊少女野崎くん』の感想記事を書きましたので、まとめました。

 

1話~12話(最終話)まで書いていますので、一覧が見たいときにどうぞ。

 

この記事の内容は?1話~12話までの感想記事一覧

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

感想記事一覧

創刊号:その恋は、少女漫画化されてゆく。

佐倉千代ちゃんは、野崎くんという男子に恋をしています。

とある日の夕方、教室で思い切って気持ちを告白。

すると、千代ちゃんはなぜかサインを書いた色紙をプレゼントされたのでした。

 

第1話の感想記事はこちら

第二号:新ニューヒロインをよろしくね♪

野崎くんから「他に漫画のアシスタントをしている人を紹介したい」と言われた千代ちゃん。

「健気で傷つきやすいデリケートなやつ」「心の中でみこりんと呼んでいる」と事前情報を貰い、ほわっとした人物を思い浮かべる千代ちゃん。

しかし現れたのは、イメージとはかけ離れた人物でした。

 

第2話の感想記事はこちら

第三号:バイオレンス VS プリンス

みこりんの少女漫画っぽい友達を紹介して貰うことになった千代ちゃん。

友達は通称「学園の王子様」。

その王子様の正体は、何とイケメンな女子なのでした。

 

第3話の感想記事はこちら

第四号:男には、戦わねばならない、時がある。

野崎くんの家に泊まることにしたみこりん。

何をしているのかという千代ちゃんの質問に、みこりんは「女のことで相談に乗ってもらっている」と答えます。

その相談とは、ギャルゲー(男性向け恋愛ゲーム)の選択肢についてでした。

 

第4話の感想記事はこちら

第五号:恋を「思い」「描く」男子。

一本の電話をきっかけに、野崎くんは突然慌てて部屋をお片付けを始めます。

担当編集さんが来るとのこと。

しかも、どうやら彼女以上に焦ってしまう相手らしく……。

 

第5話の感想記事はこちら

第六号:魔法をかけて、あ・げ・る♡

野崎くんはある日、体育館で結月ちゃんのそれはそれは楽しそうな笑い声が聞きます。

気になって覗いてみると、結月ちゃんがバスケ部で大暴れ。

しかもその餌食になっていたのは、かつての後輩だった若松くんでした。

 

第6話の感想記事はこちら

第七号:漫画脳野崎くん

放課後、珍しく教室に残っている野崎くんを見かけた千代ちゃん。

原稿が早く終わったから、早く帰る必要がないらしいのです。

久しぶりの休暇のはずですが、漫画から開放された野崎くんは己の無趣味さを噛み締めていました。

 

第7話の感想記事はこちら

第八号:学園の王子様(女子)の悩み

「最近堀ちゃん先輩が冷たい」と嘆く鹿島くん。

そんな彼女に、みこりんは「アピール不足だ」とアドバイスします。

鹿島くんは大喜びでアドバイスを実行しますが、堀先輩はそんな鹿島くんを本気で鬱陶しがっていて……。

アドバイスは、完全に逆効果なのでした。

 

第8話の感想記事はこちら

第九号:ドキドキ、たりてる?

天気予報が雨だったのに傘を忘れてしまった千代ちゃん。

困っていると、そこへ野崎くんが現れます。

「傘忘れるマヌケなんて私くらいだよね」と笑いながら言うと、とてもいい笑顔で「俺も忘れたからマヌケは2人だな!!」と返されます。

千代ちゃんはうっかり失言してしまった自分を責めるのでした。

 

第9話の感想記事はこちら

第十号:強まるのは、絆と手綱。

サブキャラクターの話を描くよう勧められてしまった野崎くん。

モデルが結月ちゃんと若松くんだけに、2人の物語を進めてしまっていいのか悩みます。

そんな野崎くんのところへ、若松くんが「瀬尾先輩に映画に誘われた」と相談にやって来ます。

野崎くんは「絶対に行くべきだと思う」と即答するのでした。

 

第10話の感想記事はこちら

第十一号:米しよっ♡

「盛り上がりをもう少し派手にしたい」と悩む野崎くん。

色々と試行錯誤してみるのですが、うまくまとまりません。

そこで野崎くんは、学校で千代ちゃんに予告済みドッキリを仕掛けてみることにしたのでした。

 

第11話の感想記事はこちら

第十二号(最終話):この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。

冷蔵庫の奥底に眠っていた、バレンタインチョコを発見した千代ちゃん。

渡す気はあったのですが、野崎くんがつかまらなかったので、当日に渡せなかったのです。

一方の野崎くんはと言うと、バレンタインを漫画の参考にするべく充実した時間を過ごします。

しかしその代償に、クラスに誤解を与えまくってしまうのでした。

 

第12話(最終話)の感想記事はこちら

おわりに

アニメは12話で終わっていますが、漫画はまだ続いています。

 

アニメを見終わって続きが気になるあなたは、漫画もぜひ。

アニメだと、漫画の4巻まで(一部5巻)のお話までしかやっていないですしね。

 

 漫画『月刊少女野崎くん』の感想

 

今回はこの辺で。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました