【若干ネタバレ有】アニメ『くまクマ熊ベアー』第1話「クマさん、登場」の感想

 

どうも、こよりです。

年間720冊以上を漫画を読み、ゲームやアニメも好きなオタクです。

 

今回は『くまクマ熊ベアー』、第1話の感想を語っていこうと思います。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あらすじ

ブラックバイパー(巨大な蛇の魔物)に村を襲われた少年・カイは村を助けてもらうために、街にある冒険者ギルドまで必死にやって来ました。

 

たどり着くやいなや助力を求めますが、ブラックバイパーを倒せる冒険者がいない、と言います。

ブラックバイパーを倒せるような冒険者を手配しようにも、時間がかかる。

 

そこへ、クマの格好をした冒険者・ユナが「私が行こうか?」と申し出たのだった。

感想

とにかく、漫画と違うところばかり目についてしまいました。

私は漫画しか読んでいないので、「それ原作のノベルとは一緒だよ!」というところがありましたらすみません。

 

まず、始まり方からして違いました。

漫画で言うところの3巻のシーンから始まったのです。

「どんな感じになるかなー」と、ある意味興味深く思いつつ見ていました。

 

途中で最初の方のシーンが混ざっていましたが、あれは別にいらないのではないかと……。

 

セリフも微妙に違うところがありまして。

長さを調整する関係でしょうが、私にはちょっと違和感がありました。

あって欲しい部分が削られていたからかもしれません。

 

あと、ブラックバイパーが漫画と大きく違っていてびっくりしました。

漫画だと、外見はでっかくて黒いだけの普通の蛇だったのですが。

アニメだとよりモンスターっぽくなってました。

 

バトルの展開そのものも違いましたね。

全体的にはそんなに変わりませんが、微妙に変わっていた感じです。

ただ、正直「そこはむしろ変えない方が良かったのでは……」と思ったところもありました。

あ、でも魔法を発動するときに、魔法がちょっぴり喋った?のは面白かったです。

魔法陣が出たときも、魔法そのものも「くまー」って言ってました。

 

個人的に1番いただけないと思ったのが、最後のシーンです。

あの見せ方はちょっと違うんじゃないかなーと。

 

あれだと、原作や漫画知らない人からすると、1話全体が何かのイベントだったっていう風に見えると思います。

たぶん、違和感もないのでしょう。

 

でも、漫画を読んでいる私からすると、「それ違くないですか?」と思ってしまったので。

(ノベル版は知らないので、あくまで漫画だけ見た感想ですが)

 

そして、ユナちゃんの声が思ったより大人っぽかったです。

喋っているテンションはまさしくユナちゃんって感じですが、15歳っぽくないなーと思いました。

おわりに

1話は、漫画を読んでいる身としては、全体的に微妙な感じでした。

シナリオの面で、違和感が強くて……。

 

それ以外の、絵やボイス、オープニングテーマなどは悪くないと思っているのですが。

どれもいい感じに可愛らしいですし。

 

これなら、よっぽどアニメにこだわる人でない限りは、原作か漫画読んだ方がいいかもな、と。

ノベルも漫画も見たことがない、という意味の初見だとまた違うのかもしれませんが。

 

2話以降に期待、ですね。

 

では、今回はこの辺で。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました