ドット絵練習帳~タンス編~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回のお話

もっふる
もっふる

どうも、もっふるです!

 

前回までのお話は、

・市松模様の効果

・私の練習方法

といった内容でした。

 

今回はタンスを描いてみたのですが、結構大変でした……。

 

 

もっふる
もっふる

では、どうぞ!

 

 

今回の題材は……

冒頭で言った通り、今回はタンスを描きました。

立体的ではなく、正面から見たタンスですね。

 

早速描いた成果をば。

↓↓↓

 

タンスを描く前日

実は私、その日の1枚を描き終わると、

もっふる
もっふる

明日の題材何かな~

って、ついつい見ちゃうクセ(?)がありまして。

 

次のページをめくってタンスだったのですが、

ちょっぴり……テンションが下がったんですよ。

もっふる
もっふる

あー、タンスかあ

と思ってしまったんです。

 

どうしてテンションが下がったか?

 

白状しますと、あんまり興味が湧かなかったんです。

ぱっと見、色があんまり使われていないので地味に見えていましたし。

 

今までは、本当にどうしていいかわからなかったので、

日の丸でもノートでもビルでも描いていたんです。

 

練習を始めて一週間くらいで、描くことに慣れてきて。

前回カラフルなお弁当を描いて、ちょっと調子に乗ってしまったんでしょうね。

 

もっふる
もっふる

色多くないし、そんなに難しくないよね……?

ってな感じで。

 

ちょっとどころか、かなり調子乗ってました……。

タンスは結構難しい

形そのものは簡単です。

 

四角描いて、扉と取っ手描けばいいですからね。

その後単色で色を塗ってしまえば、簡単なタンスの完成です(笑)

 

でも、当然ながら『ドット絵教室』はそこでは終わりません。

そして、その先に難しいポイントがあったのです……。

木の質感を表現する

微妙な色の違いを使いわけて、タンスの木目を描いていくのですが……。

 

まあここが難しかったんです。

どう描いていいのかさっぱり。

 

『ドット絵教室』上では、

木目は直線方向に流れていますので、

直線を強調すると木目のように見えます。

とは説明して下さっていたんですよ。

 

あったんですけど……。

 

ただ直線を描いたからって木目っぽく見えるわけでもなく。

 

木目を表現するのに3色くらい使用されていたので、

そのバランスをどうしていいのかわからず。

 

結果、データを見ながらその通りに描いていくという方法をとりました。

 

ただ、見て真似するだけというのは効果が薄そうだったので、

「どうしてそう描くのか?」をなるべく考えながら描いていくようにしました。

おわりに

今回は、調子に乗ってテンションを落とした結果、

まんまと痛い目(?)を見た……というお話でした。

 

興味がない対象でも、勉強になることは良くあります。

 

絵の練習でも、それ以外でも。

 

そう思ったからこそ、何だかんだ言いつつも描いたのです(笑)

 

無理に、とは言いませんが、

たまには自分の興味の範囲外に目を向けてみるのもいいんじゃないでしょうか。

 

意外と、面白い世界が広がっているかも。

 

……ちょっと大げさでしたかね?(笑)

 

 

では、今回はこの辺で。

 

もっふる
もっふる

またねー

 

他のドット絵記事が気になる方はこちら!

↓↓↓

【まとめ】ドット絵練習記事一覧
はじめに もっふる どうも、もっふるです! ドット絵練習の記事をまとめてみました。 なぜかドット絵を描く理由から書いています。 数ヶ月前に書いた記事ですが、今となってはなぜそんなことしたかほんと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました