【若干ネタバレ有】『マリエル・クララックの婚約』の感想とおすすめポイント

漫画レビュー

 

水雲こより
水雲こより

どうも、こよりです

 

今回は、『マリエル・クララックの婚約』(漫画:アラスカぱん/原作:桃春花/キャラクター原案:まろ)という漫画について語っていきます。

 

表紙やタイトルから何となく貴族っぽさが感じられたので、何となく気になりました。

 

貴族が好きってわけでもないのですが、転生ものの主人公って結構貴族であることが多いんですよね。

それで馴染み深くなっているので、気になった感じです。

 

正直、無意識ながらどこか転生ものかも?という期待はあったと思います。

残念ながらこの作品は異世界転移とか異世界転生とかってわけではなかったんですけど……。

 

読んでみたらめっちゃ面白かったです。

 

主人公の少し飛躍しがちなところが見ていて楽しいですね。

 

2021/3/6現在、4巻まで出ています。

 

結論から言いますと、「主人公が精神的にたくましすぎるところ」「じわじわ恋愛が盛り上がるところ」がおすすめです。

 

この記事でわかることは? 『マリエル・クララックの婚約』の内容

 この漫画を読んだ感想

 この漫画がおすすめな人

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんな内容?

一言で説明すると、妄想大好きなご令嬢が婚約者やその周りに萌えまくるお話です。

 

マリエル・クララックは、18歳で王子様のような人物に求婚されます。

 

彼はシメオン様。

容姿端麗・将来有望・名門出身などなどのステータスを持ち、令嬢から注目の的となっている男性。

 

一方のマリエルは家も容姿も地味(本人談)。

なのになんで……?と本人も戸惑いまくりです。

 

そんなマリエルにも秘密がありました。

彼女は「アニエス・ヴィヴィエ」という名前で、社交界の貴族の噂をネタに小説を書いていたのです。

 

最初は突然の婚約に戸惑ったマリエルでしたが、今回の婚約も「生きる糧」小説のネタとして前向きに頑張ることにしたのでした。

感想

マリエルさんがテンション高めではちゃめちゃなせいか、とってもコミカルです。

 

読んでて超楽しい。

思わず笑顔になってしまいます。

 

それに、妄想大好きで小説まで書いちゃうというところにものすごい共感しちゃうんですよね。

 

何せわたしも同類なもので……。

まあ、マリエルさんほど人生を妄想の糧にはできないのですけどね。

 

だから、マリエルさん本当にすごいなって思います。

だって、自分の好きなことに全力で取り組んで、全力で楽しめるのって素敵じゃないですか?

 

読んでいて、いつもマリエルさんを羨ましいなと思ってしまうんですよね。

『マリエル・クララックの婚約』の魅力

マリエルさんの精神的たくましさ

正直、マリエルさんは見た目はそこまで目立つ感じではありません。

自分でも「地味」って言ってますし、父親ですらそんな認識。

 

しかし、外見で侮ってはいけません。

大人しそうでいて、全くもって大人しくないどころか、超逞しいです。

読んでいて楽しい。

 

だって、他の令嬢にいじめられても目がキラッキラしてるんですよ?

そんなキャラ初めて見ました。

リアルどころか、漫画ですら初めてかもしれない……。

 

「負けるもんか」っていう強さじゃなくて、素で負けてないんですよ。

いじめ、ノーダメージ。

それどころか、小説のネタにしてしまいます。

 

つよい。

 

水雲こより
水雲こより

マリエルさんくらい逞しかったら人生楽しかったかもなー

じわじわくる恋愛

この作品は、ジャンルとしてはラブコメだと思うのですが、正直最初の方はほぼ「ラブ」の部分が薄いです。

ほんの少し感じられる程度。

 

マリエルさんは仮面夫婦でもいいとポジティブに割り切ってしまっているし、シメオン様は気持ちを自覚してすらいないんです。

 

それが、物語が進むにつれて2人の気持ちが進展していきます。

わかりやすくなる、と言い換えられるかもしれませんね。

 

その進み具合は、決してはやいとは言えません。

でも、じれったくなるほど遅くもない。

 

ちょうどいい具合でじわじわくるんですよ。

 

水雲こより
水雲こより

いい。最高

おすすめできる?できない?

おすすめできる方

 明るい雰囲気のものが読みたい

 メガネキャラが好き

 恋愛ものが好き

おすすめできない方

 ファンタジー要素のある作品が読みたい

 最初から最後までがっつり恋愛して欲しい

無料で試し読み出来るところ

pixivコミック
マリエル・クララックの婚約 - pixivコミック
「腹黒系眼鏡美形、大好物ですありがとう!!」 地味で目立たない子爵家令嬢マリエルの婚約者として名乗りを上げたのは、なんと令嬢たちの憧れの的、近衛騎士団副団長のシメオンだった!ねたみと嘲笑を浴びせる世間をよそに、マリエルは幸せ満喫中!? 「一迅社アイリスNEO」で話題の婚約者とその周りにひそかに萌える令嬢の物語、スタート...
コミックシーモア
マリエル・クララックの婚約: 1【イラスト特典付】 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア
マリエル・クララックの婚約 1巻|地味でモテない子爵家令嬢マリエルの婚約者は、令嬢たちの憧れの的である近衛騎士団副団長のシメオン。どんなにねたみと嘲笑を浴びても、妄想大好きなマリエルは幸せいっぱい!? 「一迅社アイリスNEO」の話題作をコミカライズ! 婚約者とその周りに萌える地味令嬢の婚約ラブコメディ!!

おわりに

最後におすすめポイントをまとめておきます。

 たくましすぎるマリエルさんが見ていて飽きない

 じわじわくる恋愛が最高に楽しい

 

ノリというか、雰囲気が大好きな作品です。

コメディなのでテンション高めなのに、ちゃんと恋愛もあるという……。

 

わたし、こういうメリハリがはっきりした作品大好きなんですよねー。

 

というわけで、『マリエル・クララックの婚約』はとてもオススメです!

 

おまけ:アイキャッチのメイキング動画

にっこり笑顔のマリエルさん。

 

ポーズ・色塗りともに1巻の表紙を参考にさせて頂きました。

 

マリエルさんは明るいキャラクターなので、表情では笑顔で決まっていました。

 

あとはどーしても本+ペンを持たせたくて。

わたしの中でのマリエルさんのイメージさんはその2つなんですよね。

いつも何かしら妄想のメモをとっている感じで。

【イラストメイキング】『マリエル・クララックの婚約』 マリエルさん【クリスタ】

 

今回はこの辺で。

水雲こより
水雲こより

ではまたー

 

この記事の作品が好きな方にオススメ

【若干ネタバレ有】『ねねね』の感想とおすすめポイント
水雲こより どうも、こよりです 今回は、『ねねね』(原作:徒々野雫/作画:荻原ダイスケ)という漫画について語っていきます! 友人におすすめしてもらって知った作品。 最初に見たときは、可愛い...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました