【若干ネタバレ有】『異世界薬局』の感想と好きなところ

 

もっふる
もっふる

どうも、もっふるです!

 

今回は、

『異世界薬局』

(著者:高野聖/原作:高山理図)

という漫画について語っていきます!

 

薬 × 異世界ファンタジー。

 

転生した薬学者が、

知識を駆使して様々な問題を解決していくストーリー。

 

専門用語がちょいちょい出てきますが、

分からなくてもちゃんと面白い漫画です。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんな内容?

一言で説明すると、

「転生した薬学者が、前世の知識を駆使して治療していく物語」

です。

 

かつて妹を脳腫瘍で失い、

「大切な人を失わないための武器くすりを」

と薬の研究に没頭していた薬谷。

 

しかしあまりに没頭し過ぎたため、

過労で命を落としてしまいます。

 

――しかし、目が覚めると、

宮廷薬師の息子である「ファルマ・ド・メディシス」

に転生していました。

 

しかし、転生した世界の薬学知識は、

間違ったものばかりで……。

感想

正直、良く知らない成分の名前がいっぱい出てきて、

 

もっふる
もっふる

??????

ってなることもあります(笑)

(文系なので余計に)

 

けど、そこを読み飛ばしてしまっても全然面白いです。

でもそれだけちゃんと書いている、

原作者の人すごいと思いました。

(調べたにしても、元から知っていたにしても)

 

病気についてもちょっとした勉強になる漫画ですね。

度々、作中に登場する病気について解説してくれるので。

 

読む前は、「薬局」ってついてたので、

ファンタジー要素が薄いイメージでした。

薬局ってなんとなーくファンタジーっぽくないので(笑)

しかし読んでみると、

世界観が想像以上にファンタジーしてて。

 

でも薬の方にもちゃんと関わってくる要素なので、

すごく調和してる世界&ストーリーだなーって思います。

好きなところ

ファルマ君の活躍

子どもだから割と侮られがちなんですけど、

中身は31歳にして難病に効く新薬を生み出した薬学者。

 

転生前の薬知識や転生して得た能力で周りを驚かせたり、

喜ばせたりしていく過程が読んでいて楽しいです。

 

特に喜んでいる表情を見るのが1番好きです。

(ものすっごい嬉しそうな顔をするので)

おすすめポイント

◇異世界転生ものが好きなら

前世で元々持っていた知識+異世界で得た能力。

転生者のおいしいところが両方ある。

転生ものがお好きならきっとハマります。

無料で試し読み出来るところ

◇Comic Walker(コミックウォーカー)

異世界薬局
研究に没頭するあまり過労死してしまった若き薬学者。 しかし彼は異世界で宮廷薬師の名家の息子、 ファルマとして転生していた。 間違った治療法や薬の調合が横行するこの異世界で 彼は前世で培った現代薬学と手に入れたチート能力で 人々を救おうとあらゆる疾病に立ち向かう。

 

◇コミックシーモア

異世界薬局(1) |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア
コミックシーモアなら【10/29:0時まで1巻期間限定無料!】異世界薬局 1巻 研究に没頭するあまり過労死した若き薬学者。しかし彼は異世界で宮廷薬師の息子、ファルマとして転生した。間違った治療法が横行するこの異世界で彼は現代薬学と手に入れたチート能力であらゆる疾病に立ち向かう。

おわりに

完全に「異世界」というワードに釣られて読みましたが、

私の中でアタリだった作品です。

 

前世の知識を駆使しつつ、

新たに手に入れた能力も使える……。

最強過ぎますね(笑)

 

でもそれをバトルとかでなく、

人を助けるために使うっていうのが、

またいいな~って思います。

 

バトルが悪いってわけではないんです。

かんっぜんに私の好みの問題。

アツいバトルも嫌いではないですが、

(むしろ設定によっては大好き)

最近は平和?な方が好きなんで(笑)

 

 

では、今回はこの辺で。

もっふる
もっふる

またねー

コメント

タイトルとURLをコピーしました