ドット絵練習帳~お弁当編~

 

もっふる
もっふる

どうも、もっふるです!

 

前回は……

・こつこつ、自分に合ったペースで!

というお話でした。

 

もっふる
もっふる

では、早速どうぞ!(笑)

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回の題材は?

お弁当が今回の題材です。

 

気になるおかずは、ブロッコリー・ハンバーグ(小2)・にんじん・卵焼き!

ご飯には梅干しも……。

 

今回は完成した絵を見て頂きながら説明していきたいので、早速描いた絵をお披露目!

 

もっふる
もっふる

じゃじゃん!

 

『ドット絵教室』P.28~P.29です。

 

技法紹介:市松模様

市松模様とは、格子状の柄のことです。

 

私は何となく、着物・浴衣のイメージを想い浮かびます。

 

この技法を使用することによって、中間の色があるように錯覚させて綺麗なグラデーションが作れるのです。

 

色と色の境界線を曖昧にするんです。

先ほどお披露目したお弁当のドット絵でだと、ご飯の部分に使われています。

 

とは言え、お弁当だと色が薄くてわかりにくいので、もう少しわかりやすくしてみます。

 

↓はざっくり4色で作ってみたグラデーションです。

これの各色の境界を市松模様にすると……?

 

↓こうなります!

さっきのグラデーションに比べて、

境界線が曖昧になって色が増えたように見えませんか?

 

もっふる
もっふる

見えないことも……ない?

 

では、もっとわかりやすくするために、サイズを小さくしてみますね。

 

いかがでしょう?

さっきのサイズより綺麗なグラデーションに見えるのはないでしょうか?

※ちなみに、サイズは先ほどの3分の1のです。

 

今更ながら

これまでの記事では、どうやって練習しているか?という点に触れてきませんでした。

 

なので、ここでちょっぴりご紹介したいと思います。

 

とは言え、そんな難しいことはしていないです。

実践している練習方法は1つ。

 

毎日1枚、『ドット絵教室』のデータを見ながら模写しているだけ。

 

模写が苦手な方は、

もっふる
もっふる

模写難しいし……無理……

ってなってしまうかもしれません。

※私です。

 

でも、ドット絵の模写ってそんなに難しくないんです。

もっふる
もっふる

1回失敗している私が言うのもなんですが(笑)

 

特に、データがあればそっくり描くのは簡単です!

練習としての模写って辛くない?

ドット絵模写の話をする前に……。

 

「イラスト 初心者 練習法」で検索してみると、大体模写が勧められている気がします(もっふる調べ)。

 

もっふる
もっふる

私も昔は模写ばっかりしてました

 

でも、写真でもイラストでも、模写ってまあまあ難易度高くないですか?

 

それなりに似せるだけなら別にそんな大変でもないのですが……。

 

きっちり正確に模写しようとすると話は別です。

 

描いててどこかしら形崩れてくるし、補助線使っても有効活用出来ないし、しかもめちゃくちゃ時間かかるし……。

 

さらに完璧主義まで顔を出してきて、まあ進まないこと。

 

全然練習にならなくて、もはや苦行になってました。

そもそも模写って効果あるの?

練習を始める前に知りたいこと。

それは「効果があるかどうか?」ですよね。

 

ただでさえ練習って大変なのに、意味のない練習はしたくないですもんね。

 

これは私の考えですが、効果はあると思います!

 

特に本当にこれから絵を始める方とか。

 

まだ「基礎はこれから」っていう方でしたら、効果は割と早めに出てくるのでは?と思います。

 

私がそうでしたからね。

中学生~高校生のとき、概ね模写で練習していたんですよ。

 

普通のイラストだけじゃなくて、イラスト技法書の素体を真似したりとか。

 

で、そのうち「前より上手くなった!」って絵の上手い友人が褒めてくれて。

 

自分では全然上手いと思えなかったのでちょっぴり複雑でしたが、やっぱり嬉しかったです。

 

ちなみになんですが、オリジナル絵は落書き程度にしか描いていませんでした……。

 

模写で描けた絵の方が自分の絵よりも断然上手く描けるので、模写ばかりしていたんです。

 

周囲に絵が上手い人が多かったので、自分も少しでも上手な絵を描きたかったんだと思います。

ドット絵の模写

ドット絵の話に戻りますね。

 

ドット絵はデータで詳細が見ることが出来れば、色も形もそっくりそのまま真似出来ます。

なんたって、点で描いていきますからね。

 

打っていく場所を間違わなければ、同じ絵が完成すると思います。

 

しかし、ただただ真似するだけでは効果は薄いでしょう。

 

ここで勘違いして頂きたくないのですが、真似することに効果がないって意味ではないです。

 

でも、打つ場所を真似するだけだと、それはただ点を打つ作業になってしまいます。

きっと、ドット「絵」を描けるようにはならないですよね。

 

描き方を真似して、「何でそう描くのか」を考えて描いていくことで、

やっと自分の力になっていくのでは、と私は思っています。

 

なので、描く過程を説明してくれる『ドット絵教室』はすごくオススメなんですよ!

 

データも完成したドット絵だけじゃなくて、描いていく過程のデータもありますしね。

おわりに

ドット絵も普通のイラストも、描けるようになるには練習あるのみです。

 

でも、最初の頃ってどういう練習を選べばいいのか迷うことが多いですよね。

 

この練習記録が「模写って効果あるんですよ!」っていう証明になればいいなと思っています。

 

効果がある!ってわかっていたら、少なくとも迷うことは減ると思うので!

 

 

それでは今回はこの辺で。

もっふる
もっふる

ではでは~

 

ドット絵練習記録まとめ

【まとめ】ドット絵練習記事一覧
はじめに もっふる どうも、もっふるです! ドット絵練習の記事をまとめてみました。 なぜかドット絵を描く理由から書いています。 数ヶ月前に書いた記事ですが、今となってはなぜそんなことしたかほんと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました