【若干ネタバレ有】『三国恋戦記~オトメの兵法!~』の感想と好きなところ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

もっふる
もっふる

どうも、もっふるです!

 

今回は、

『三国恋戦記~オトメの兵法!~』(原作:Daisy2デイジーデイジー / 作画:あず真矢)

という漫画について語っていきます!

 

 

乙女ゲームが原作の漫画です。

なので、ジャンルは恋愛もの。

 

ゲームが原作の漫画って、微妙なものがあったりするのですが、

この漫画はクオリティ高いです。

 

ゲームを知らずに漫画単体として読んでも、文句なしに面白いです!

 

 

 

どんな内容?

一言で説明すると、

「三国志っぽい世界に迷い込んだ女子高生が、

不思議な本を使って策を練っていく」

という物語です。

 

これだけ聞くと恋愛っぽくないかもしれませんが、ちゃんとありますよ。

まあ、戦の絶えない時代が舞台なので、

がっつり恋愛ってことにはならないんですけどね。

 

恋愛が主題にあるというより、戦とか命の尊さとかの方が主題な気がします。

戦の意味とか、命の重さとかを考えていく過程の中に、

恋愛があるという感じです。

だからって恋愛が薄いかっていうと、そんなことはないですよ。

 

さて、ちょっと話が逸れましたが、

主人公は山田花ちゃんと言います。

本当にごく普通の女子高生。

 

彼女は、放課後に友人2人と授業の課題で「三国志」を調べていました。

 

友人が苦戦している一方で、

花ちゃんは調べるのにちょうど良さそうな本が見つけて、読んでいたんです。

 

しかし、突然その本が強く光り出して、

花ちゃんを包み、彼女が目を覚ますと見知らぬ場所にいたのです。

 

とまあ、プロローグはこんな感じ。

 

花ちゃん、最初は夢かと思っていたんですけど、

当然ながら夢ではありません。

 

そして、夢ではないと知ってから、

その世界の色んな現実に直面して、向き合っていくんです。

感想

三国志がわからなくても面白いです!

 

基本的の説明もありますし、取っ付き難い名前じゃなくて、

日本人ぽく苗字と名前に分かれているので馴染みやすいです。

『三国志』の世界じゃなくて、ぽい世界と表現しているのはそこが理由です。

 

「劉備」とか「曹操」とか、失礼ですけど覚えにくくないです?(笑)

初っ端からこんなんだと、私の脳みそは受け入れ拒否しちゃいます。

 

おかげで原作のゲームをやるまで、

三国志はほぼ知りませんでしたし、興味もありませんでした。

「ゲームや漫画の題材として人気なんだなあ」くらい。

 

でも、この作品のおかげで以前よりも興味を持つようになったんです。

 

なので、三国志の導入としてもいいかもしれませんね。

好きなところ

花ちゃんが好き

主人公である花ちゃんは、三国志に詳しいわけでもなく、

何か特別な特技を描写されているわけでもなく。

ほんっとうに普通の女の子です。

 

本当に何も知らない状態から始まるので、最初はすごく可哀想です。

慣れない場所で、知らない人たち(しかも大勢)から、

よってたかって責められますし。

 

でも、そこから状況を知っていって、人のことを思って頑張っていくんです。

 

少しずつでも、彼女なりに、

優しくしてくれた人たちの力になりたいって進んでいきます。

 

それが本人にとっては苦しい想いをする結果になって、

色々迷いながら、それでも前を向いて進んでいく姿が好きです。

 

元は乙女ゲームですが、主人公が1番好きです!(笑)

無料で読めるところ

pixivコミックで1話が読めます。

その他電子書籍購入サイトでも試し読みできます。

 

pixivコミック

三国恋戦記 - pixivコミック
【毎週更新・次回更新は3月22日です】 不思議な本から放たれた光りに包まれ、見知らぬ土地で目覚めた女子高生・山田花。 花は、そこで出会った青年・玄徳が率いる軍に「孔明の弟子」として身を寄せる事になり…。 大人気恋愛アドベンチャーゲーム「三国恋戦記~オトメの兵法~」の公式コミカライズ! ■あず真矢twitterアカウ...

 

コミックシーモア

三国恋戦記~オトメの兵法!~ 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア
三国恋戦記~オトメの兵法!~ 1巻|大人気乙女ゲーム、待望のコミカライズ!! 不思議な本により、見知らぬ土地にトリップしてしまった女子高生・山田花は、そこで出会った青年・玄徳が率いる軍に身を寄せる事になる。しかし玄徳軍は、花を「孔明の弟子」だと迎え――?

おわりに

正直なところ、原作のゲームより漫画の方が絵は綺麗だと思います。

なので、1回漫画を読んでみてから、

興味が出たらゲームをやってみる方がとっつきやすいかもしれませんね。

 

漫画になっていない攻略対象がいたり、

同じ攻略対象でも漫画とゲームでは展開が違ったりしますしね。

 

個人的には、ストーリーが好きなら、

ゲームの方も是非やってみて欲しいところです……!

 

おすすめ度:★★★★★

 

ちなみに、今回紹介したのは玄徳さんルートのお話です。

他のキャラクタールートの漫画もありますよ!

 

→籠中の鳥(記事準備中)

→江東の花嫁(記事準備中)

→とこしえの華墨(記事準備中)

 

では、今回はこの辺で。

もっふる
もっふる

またねー

 

ボリュームがちょうどいい!5巻完結の漫画まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました