ドット絵練習帳~ビル編~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回までのお話

もっふる
もっふる

どうも、もっふるです!

前回はこんな内容でした。

・描くのに失敗した……

・完璧主義で途中で放り投げてしまった

今回は描き方よりも、考え方のお話ですね。

では、どうぞ!

ドット絵練習・3日目

私は毎日、ドット絵を1枚描くという練習をしています。

1日目 → 日の丸

2日目 → 開いたノート(失敗)

といった感じで。

ただ……3日目だけは、例外だったんです。

この日だけは、

3日目 → 開いたノート(2回目) + ビル

と、なぜか2枚描いてしまったんです。

なぜ1枚ではなかったか?

いけそう、と思ったんです。

開いたノートを描くのは2回目でしたし、

時間的にも体力的にも問題なさそうでした。

しかも私は、早く上手くなりたくて焦っていたのです。

なので、

もっふる
もっふる

余裕があるなら1日に2枚練習しようかな?

という思考になったのです。

2枚目はそこそこきつかった

ところが。

目論見は外れ、途中から体力的にきつくなってきたのです。

けど、よくよく考えれば当然なんです。

仕事から帰ってきて、

お風呂等済ませて、ご飯を食べて、

ようやくドット絵練習に取り組むわけです。

まあ、お風呂やご飯はともかく。

例え定時上がりだとしても、

仕事の後に何かを練習もしくは勉強するって大変ですよね。

いくら楽しくても。

もっふる
もっふる

余裕があるなら1日に2枚練習しようかな?

と思った私は、そこがわかってなかったんですよ……。

たくさん練習するのがダメなの?

いえいえ、そうではありません。

「例え仕事の後でも、めっちゃ練習・勉強出来る! 全然辛くない!!」

って方は素晴らしいです。

でも……それが出来る人ばかりではないですよね?

人間って結構疲れてる

人間って疲れていないように思えても結構疲れています。

多分、動いているからちょっと麻痺しているだけ。

動きが止まった瞬間、どっと疲れが襲ってきます。

皆さんもそういう経験、ありませんか?

歩いているときは気にならなかったけど、座った瞬間疲れを実感する、とか。

少しずつこつこつが大事

頭では、1日だけ練習量を増やしたところで、

上達のスピードが大きく変動することはないと分かってはいました。

それでも、やればやるだけ上手くなるはずだ、と思ったんです。

確かに、よっぽど方法が間違っていなければ、何かしらの力にはなるでしょう。

でも、無理して突き進んだ結果、

逆に効果が薄くなってしますこともあるのでは……と思います。

今回のことで言うと

今回の私のことへ話を戻しますね。

余裕がありそうだから2枚目を練習

→ 体力的にきつい

→ 普段より集中力が発揮できない

とまあ、「集中できない」という弊害が発生しちゃったんです。

けど、一応描ききりましたよ。

『ドット絵教室』P.26~27です!

最後に

今回の内容をまとめると、

・自分に合ったペースでこつこつ頑張ろう!

ということでした。

焦っても事態は好転しません。

もっふる
もっふる

お互い、マイペースに頑張っていきましょう!

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました