【若干ネタバレ有】『異世界居酒屋「のぶ」』の感想とおすすめポイント

漫画レビュー

 

水雲こより
水雲こより

どうも、こよりです

 

今回は、『異世界居酒屋「のぶ」』(原作:蝉川夏哉/漫画:ヴァージニア二等兵/キャラクター原案:転)という漫画について語っていきます。

 

異世界×居酒屋という組み合わせに惹かれて試し読みしました。

居酒屋って異世界とは無縁そうなイメージなので、気になったんですよね。

 

読んでみると、ページをめくる度に面白さがじわじわきて、気付けば全巻購入していました。

今ではすっかり大好きな作品です。

 

作中に出てくる料理がどれも美味しそうで、読みながらお腹が空いてきてしまいました。

 

水雲こより
水雲こより

さっくさくの天ぷらが食べたい

 

2021/10/4現在、13巻まで出ています。

 

結論から言いますと、「料理が本当に美味しそうなところ」「料理が人の縁をつないでいくところ」がおすすめです。

 

この記事でわかることは? 『異世界居酒屋「のぶ」』の内容

 この漫画を読んだ感想

 この漫画がおすすめな人

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんな内容?

一言で説明すると、異世界の住人たちが、異世界とつながった日本の居酒屋のぶの料理に魅了されていくお話です。

 

古都、アイテーリア。

その裏路地にある異国情緒溢れる居酒屋のぶ

 

のぶにある料理は、アイテーリアの人々にとっては見慣れないものばかり。

 

しかし、その見慣れない料理やお酒がどれも美味しい。

 

のぶを訪れたアイテーリアの人々は、そのあまりの美味しさに次々と虜になっていきます。

感想

のぶで料理を食べる人たちの表情がすごくいいです。

 

本当に美味しそうに食べるので、正直のぶの料理が食べられる人たちが羨ましいです。

同じ料理を自分で作ったり買ってきたりしても、それはのぶの料理じゃないですからね。

 

水雲こより
水雲こより

のぶの料理を食べてみたいなあ……

 

漫画だとわかっていても食べたくなる料理、恐るべし。

 

「異世界」とありますが、わたしの中では「異世界」というより「外国」という感じがします。

魔法が出てくるわけでもないですし、他にもファンタジーな要素が強いとは言えないので。

 

言葉の感じから見て、ドイツっぽいなって思っています。

この漫画に良くでてくる、「乾杯」のルビに振ってある「プロージット」という言葉もドイツ語ですしね。

(気になって調べました(笑))

 

読んでいて、不思議とページをめくる手が止まらなくなります。

 

最初は「面白い……かも?」とぶっちゃけ半信半疑くらいだったんです。

でも、読めば読むほどじわじわ面白くなってきて、どんどん次が読みたくなりました。

『異世界居酒屋「のぶ」』の魅力

出てくる料理が美味しそう

のぶで出てくる料理は現代日本では見慣れたものが多いのですが、それがどれも美味しそうなんです。

 

出てくる料理はつい食べたくなります。

私はこの作品を読むと、高確率でナポリタン or 天ぷら or 唐揚げが食べたくなります。

 

さくさくっとしたものが口の中に欲しくなるんですよね。

 

水雲こより
水雲こより

ナポリタンはさくさくしてませんけどね←

 

というのも、料理を食べるシーンの「音」がすごく印象的なんです。

その効果音を見ているだけで、食べたときの食感や味が思い出されます。

 

食べたことがない料理は、ぼんやり食感のイメージができます。

 

水雲こより
水雲こより

イメージができた結果、食べたくなります……

「美味しい」はどんな人でも共通

のぶには色んなお客さんが訪れます。

 

年齢も、職業も、身分も違う人たち。

ときには、住む場所が違う人すらいます。

 

でも、どの人ものぶの料理は見慣れないので、まず驚きます。

そして、料理を口にした瞬間に「美味しい!」と笑顔になるのです。

 

美味しいっていう感じる気持ちは、どんな人でも一緒なんだなあと思いました。

 

そういうところが、妙にほっこりします。

また、意外な人々の縁を繋ぐこともあって、それも素敵で。

 

水雲こより
水雲こより

まあ、たまにその枠から除外される迷惑なキャラもいますけど

おすすめできる?できない?

おすすめできる方

 美味しそうな食べ物が出てくる漫画が好き

 異世界系の漫画が好き

おすすめできない方

 ファンタジー要素が強めな作品が読みたい

 グルメ系の漫画が好きではない

無料で試し読みできるところ

コミックウォーカー
異世界居酒屋「のぶ」
話題の異世界グルメ小説をコミック化!異世界に繋がる噂の酒場「居酒屋 のぶ」。タイショーが作るエキゾチックな料理と極上の酒「トリアエズナマ」を求め、今日も店には異世界の住人が訪れる──。ヤングエース好評連載中。
コミックシーモア
異世界居酒屋「のぶ」(1) |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア
異世界居酒屋「のぶ」 1巻|古都アイテーリアの裏路地に繋がった、居酒屋「のぶ」。異世界の住民達は、馴染みのない異国風の料理と冷えた「トリアエズナマ」のあまりの美味さに次々と虜になっていくのだが…!?異世界グルメファンタジー開幕!

おわりに

最後におすすめポイントをまとめておきます。

 料理の「見た目」や「音」が美味しそう

 料理で色んなキャラクターたちがつながっていくのが楽しい

 

ひたすら空腹を誘ってくる漫画です(褒め言葉)。

 

この記事を書きながら、料理を食べるシーンを思い出してお腹が空きそうになります。

読むときは飯テロにお気を付けて。

 

料理に魅了されていくキャラクターたちも魅力的ですよ。

というわけで、『異世界居酒屋「のぶ」』はとてもオススメです!

 

 

今回はこの辺で。

水雲こより
水雲こより

ではまたー

 

こちらの記事もどうぞ

異世界でお料理する漫画まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました