ドット絵練習帳~日の丸編~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回までのお話

どうも、もっふるです!

前回は、実践編パート②をお送り致しました。

内容としては下記の通りです。

・描画ツール

・範囲選択

・アニメーション

今回からは、実際に描いたドット絵をお見せしていきますよ~!

では、どうぞ!

最初の題材は……

タイトルにもあります通り、「日の丸」です!

『ドット絵教室』で最初に描き方を教えて頂ける題材でございます!

「え、日の丸?」

「そんなん練習で描くまでもなくない??」

「誰でも書けるでしょー」

という声が聞こえてきそうな気がします(笑)

でも、私はこれくらいでちょうどいいかも!と思いました。

誰でも描けるからこそ……?

簡単で、誰でも描けることが大事なんですよ!

だって、考えてもみて下さい。

最初から難易度の高い絵を練習するのって……。

ぶっちゃけ、辛くないですか?

しかも、ドット絵始めたばっかりの超がつく初心者がですよ?

私はゲームが好きなので、RPGで例えますね。

これって、レベル1の勇者が、

いきなりレベル30くらいの中ボスに挑むようなものだと思うのです。

かなーり無謀だってこと、お分かり頂けますでしょうか?

(分からない方はごめんなさい……)

レベル1からレベル30に挑むと……?

普通、負けますよね。

負け続けても、多少経験値が貰えればレベルアップするかもしれない。

けれど、下手をすると経験値ゼロです。

万が一勝てたとしても、ボロボロで瀕死寸前です。

そんなの、辛すぎて逃げたくなりませんか?

「ならない!」って断言出来る方は素晴らしいですし、

きっとガンガン上へ進んでいけるのでしょう。

いくらゲーム上であったとしても、とりあえず私には無理です。

色々死ぬ前にダッシュで逃げます。

要するに?

ドット絵練習へ話を戻しますね。

つまりですね、

「最初から難易度を上げると絶対辛い」

「そんなん高確率どころか99.9%挫折する」

と言いたかったわけなのです。

ただでさえ練習って辛いですからね。

最初はそうでなくても、どこかで辛いときはやってきます。

なのに最初から辛いなんて……きつすぎて続かないと思うんです。

自分に合ったところから!

では再びゲームで例えましょう。

レベルの高い相手に勝つ為にはどうするか?

勝てるようになるまで、こつこつレベル上げします。

そして徐々に強くなって、やっとレベル30くらいのボスに挑める。

もちろん装備もしっかり整えていきます。

ドット絵に限った話ではありませんが、

最初こそ自分のレベルに合ったところから始めるべきなのです。

続けていって、少しずつでもレベルを上げていけばよいのです。

辛くって途中で足を止めてしまうよりずっといいですから。

描いていこう!

レベルに合っていることが大事、というのが分かったところで。

日の丸を描いてみましょう!

レベルアップの第一歩、です!

描き方

描き方は簡単です。

①四角形の塗りつぶしツールで白い四角を作る。

②円ツールで、四角の中に円を描く。

③微調整して、完成!

簡単と侮るなかれ

先ほどの描き方を見て、何か違和感がありませんか?

特に③あたりに。

「微調整って……何ぞ?」と思った方、

お見事です、大正解!!(ぱちぱち)

実はこの微調整、結構大事なんですよ。

どっちがなめらか?

↓の2つの円。

よりフチがなめらかに見えるのはどちらでしょうか?

恐らく、大体の方が右→の方と回答して下さるのではないでしょうか?

これが微調整の正体(?)です。

明るい色で整える

右の円で何をしているかと言いますと、明るい色でフチを整えているのです。

もっと端的に言うと、フチをぼかしているのです。

ちなみに、明るさの異なる2色を使っています。

カラーパレットで範囲選択から出来るグラデーション作成で作りました。

お披露目!

↓が『ドット絵教室』P.22~23を見ながら描いたドット絵です。

←左は256×256、右→は32×32です。

最後に

ここまでお疲れ様でした。

簡単な日の丸と言えど、基礎を勉強出来ることはお分かり頂けたでしょうか?

少しずつでも進んでいけば、確実にレベルアップ出来るはず!

(自己暗示です(笑))

焦らず進んで行きたいです。

ではでは~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました