【若干ネタバレ有】『嘘解きレトリック』の感想と好きなところ

漫画レビュー

 

水雲こより
水雲こより

どうも、こよりです

 

今回は、『嘘解きレトリック』(著者:都戸利津)という漫画について語っていきます。

 

嘘が聞こえる力を持つ女の子のお話です。

 

女の子は、ぐうたらな貧乏探偵と出会い、自分の力と向き合っていきます。

 

また、探偵とその助手のお話なので、ミステリーも楽しめる作品です。

 

10巻で完結しています。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんな内容?

一言で説明すると、「ウソを聞く力を持った女の子が自分の力と向き合っていくお話」です。

 

舞台は昭和初年。

 

主人公である浦部鹿乃子には、嘘を「聞く」力があります。

 

どう聞こえるかと言うと、嘘をついた人の言葉には高い音が重なって響くんです。

 

鹿乃子ちゃんは、この力のせいで生まれ育った村で疎まれてしまっています。

 

鹿乃子ちゃんだけでなく、

親も同じような扱いを受けていることを知っていた彼女は、生まれ育った村を離れます。

 

そして行き着いた先が、九十九夜つくもや町。

 

その町で、鹿乃子ちゃんはぐうたらな探偵と出会うのです。

感想

「嘘」「信じる気持ち」がテーマになっていて、考えさせられるところが多々あります。

 

下記は私が好きなセリフなのですが、すごく腑に落ちました。

確かにそうだなあって。

何もかも思い通りになるなら誰もウソなんかつかない

思い通りにならないものを思い通りにしようとした時ウソをつくんです

 

しかも、背景に過去のシーンが映っているので、余計に納得がいきました。

好きなところ

語りのリズム

これはたぶん読まないと伝わらないのですが、本当に好きなのでお話します。

 

セリフ以外のところの語りのリズムが(私の中では)あって、それがすごく心地よくて。

 

文章の区切りが絶妙なんだと思います。

 

そしてそのリズムがレトロな雰囲気にも合っているんです。

おすすめできる?できない?

おすすめな方

 ミステリーが好き

 和風レトロな雰囲気が好き

おすすめ出来ない方

 恋愛要素強めな漫画が読みたい

 現代が舞台の物語が読みたい

無料で試し読みできるところ

色々読めるサイトはありますが、マンガParkが読みやすそうかなと思います。

 

アプリなら、LINEマンガでも読めます。

(マンガParkにもアプリはあります)

 

マンガPark
嘘解きレトリック | マンガPark
マンガも!声優ラジオも!アイドル動画も!全部無料で楽しめる 総合エンタメアプリ「マンガPark(マンガパーク)」

 

アプリ版

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

おわりに

大好きな作品で、何回も読み返しています。

 

完結済みなので、結末まで読み切れるのも嬉しいところです。

 

恋愛要素もありますが、そちらがメインではないので、少女漫画が苦手な方でも楽しめるのではないかな?と思います。

 

恋愛要素が絶対だめでないのなら、少女漫画に興味がなくても是非読んでみて欲しいです。

そのくらいおすすめです。

 

 

今回はこの辺で。

水雲こより
水雲こより

ではまたー

コメント

タイトルとURLをコピーしました